« ティッシュケース…and more | トップページ | コレ 何に見えます? »

2009年4月 9日 (木)

オリコン1位に厳しい意見

まささんのブログでも言ってましたが、
祝☆ドリカム、ニューアルバム1位に返り咲き
shine

最初の週だけでなく、その後もっていうのはうれしいですね。
最終的には累計で良い結果になってくれるのが一番note
それがホントの結果ですもんねwink

でもホントは順位じゃないと思ってます。
(良い作品なら…とかいう話じゃなく)

ていうか、年間での1位なら間違いないんだけど、
週間の順位は、たまたまその週に発売したCDの中だけの順位だから、
ひらたく言ってしまえば、強力なライバルがいれば順位は落ちるし、
そうでもなければ順位は上がる。

だから100万枚売ってても3位かもしれないし、
逆に10万枚でも1位になれちゃうかもしれない。
1週違ってたら順位が逆転してたかもしれないし。

なので、年間の1位だと、文句なしで最高なんですけどね。
つまりは、順位より売上枚数で判断したいところです。

しかし、気になるのは、先ほども書いたように枚数で見ると、
前回のアルバム「AND I LOVE YOU」の方が
売上枚数が多かったと思うんです。

「AND I LOVE YOU」
1週目約37.4万枚、2週目14.7万枚、3週目15.6万枚
「DO YOU DREAMS COME TRUE?」
1週目約23.1万枚、2週目14.6万枚、3週目8.3万枚
…だと思います(たぶん)。

1週目は集計期間の問題もあり、
今回の発売日はいつもみたいに水曜日じゃなかったから、
その関係も考慮したとしても、
今回の3週間分より、前回の2週間分の累計の方が多いんですよね…。

もちろん、1年以上前のことだし、
景気も時代の流れも少しずつ違ってきてたりとかあるかもしれない。
だけど、今回はベスト盤つきがあったり、
私のように初回盤2種類買ってる人も他にもたくさんいるだろうと考えると、
…果たして、どうなんだろう…? と考えてみたりもします。

そうは言っても、やっぱり1位っていうポジションは
いろんなメディアで見たり聞いたりするとうれしいし、誇りに思います。
私もドリカムが褒められるのを聞くのはうれしいし、
逆に厳しい意見はあまり聞きたくないのが本音です。
なので、今回は「厳しい意見」とタイトルで予告して、
耳をふさぎたい人にはスルーしてもらおうと思って書いたんですが。
それでも気になって見ちゃって、気分が落ちてしまったかたは
ごめんなさいねsweat01

だけど、1位も、売上枚数が多いのも、もちろんうれしいけど、
それよりやっぱり、今だけのハヤリの音楽で終わらず、
この先ずっと聴いてもらえる、心に残る存在であってほしいですね。
そう、前から言ってますが、私の中では
サザンのようなミュージシャンを(勝手に)めざしてます!
今のところ、まずまず順調に(私の勝手な)目標に向かっていると思います。

極論を言えば、バッハくらいまで行ったら…。
バッハはじめ、ベートーベンにしろモーツァルトにしろ、
これほど時代を超えて聴き続けられてる音楽家はスゴすぎますwobblysign03
クラシック界では、生きてる時に日の目をみなかった人もいるだろうけど、
それも辛すぎるから、現役から引き続き愛されるのがいいですね。

ちょっとあまりにもハードルを上げ過ぎましたが、
ドリカムが存在する、今のこの時代に産まれてこれて
ホントによかったといつも思います。
江戸時代ならドリには出会えなかったんだもの。
あるいは、海外でも知ることは難しかったかも。
国内の音楽の方が耳にする機会は多いだろうし、
音楽を聴いてる余裕のない国だってあるし。
今より未来なら、CDで聴くことはできるかもしれないけど、
現役のこの時代でないと、ライブに参加するのは無理だし、
ほんとにホントにドリと同じ時代に、この日本に産まれて、
こうして健康に音楽を聴ける、ライブにも行ける
…ありがたいことです。

究極は、私が聴き続けられれば順位も何も関係ないんだけど、
たぶん、私が聴き続けるためにも、
たくさんの人に聴いてもらったり、買ってもらったりしないと、
私も長く聴き続けられない(ドリが活動できない)ってことだと思うんで、
やっぱりCD売上は重要なんですよね。

…てことで、私もひきつづき、営業していきますよ~good

|
|

« ティッシュケース…and more | トップページ | コレ 何に見えます? »

♪♪ドリカム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ティッシュケース…and more | トップページ | コレ 何に見えます? »