« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

選挙速報番組のBGMでっ…!

今日(日付変わってるけど)は衆議院議院の選挙投票日であり開票日。

テレビでは各テレビ局みんな速報番組でしたね☆

テレビをつけて、アレコレやっていると、
耳慣れた音楽が流れてきた…

なんと!
上原ひろみの「Time Difference」!

ええーっ!?
なんでこ曲が?

…なんか… すごい…。

| | コメント (0)
|

2009年8月30日 (日)

「生茶パンダ先生の語録ブログ」

昨日の話題から、今日は新しい発見があったので、こちらでご紹介。
 
 (なので、昨日のブログを読んでない方は、
  お手数ですが昨日の記事を読んでからこちらへお進みください。)


  *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。


さて、そんなわけで、いつもわりと「お~い、お茶」を買っている私としては
久しぶりに「生茶」を購入しましたお茶

そこで、今日、お昼休みに「生茶」を飲んでみると、

ん? あれ?
…なんか、おいしい…!

なんか思ってたよりスゴク美味しかったんですけど…
前からこんな味だっけ?

いや、もともと生茶はわりと好きだったんだけど、
「おーいお茶」があるときはそっちにしてて、
ない時は、だいたい自販機とかで、「生茶」の方もなかったりして、
以外に生茶を飲む機会が少なかったみたいなのね。

でも今日久しぶりに飲んだら、なんだかみょうに美味しい味だったのよ!
まず、それにびっくり。
お茶ってあんまり意識して味わってないから、久しぶりに味わいながら飲んだよ。


でね、今日、自分のブログをチェックしてたら、
「生茶パンダ先生」っていう名前のあしあとペタが残ってるわけ。
プロフィール写真も生茶パンダ先生のイラストで。生茶パンダ先生
ブログ名は「生茶パンダ先生の語録ブログ」

きっと「生茶パンダ先生」ファンの人が、
そういうハンドルネームでブログやってるんだなぁと思って、
あしあとペタ辿ってそのブログに行ってみたの。

そしたらやけに公式サイトみたいなテンプレートで、
「うわぁ、本格的に写真とりこんでオリジナルのテンプレート作ってんだぁ」
と感心してたの。
文字デザインまで本格的だし。

で、記事を読んでみると、そりゃもう超ワタシ好みなカンジでっ嬉
生茶パンダのぬいぐるみ生茶パンダ先生を使って、いろんな写真を撮ってるわけ音譜
生茶パンダ先生生茶パンダ先生と、お友達のアヒルさんアヒル(お風呂に浮かんでそうなやつ)が
2人(?)でいろんなことしてたり。
その、ぬいぐるみとかに何かさせた様子を写真に撮るって、
私、超~好きなのね嬉
しかも写真の角度とか、構図とか、たまんないのっ嬉
すんごくオモシロくて、ゆるい笑いがあって、とにかくワタシ好みラブラブ

でも、たまたま1つの記事だけならともかく、
これだけのポーズをとらせて、写真を撮って、
最近は毎日更新されてて…。
一般の人が趣味でやるには、やけに懲りすぎてないかい?
お仕事してたり、家事や子育てがあったり、そうそうヒマはないよね?

…まさか、まさか、 これって公式ブログ…?

そうなんです!公式ブログだったんです!
普通気づくだろって思うでしょうが、
まさか公式サイトでこんなふざけた(←いい意味でね)ブログやってると思わなくて。

生茶の公式サイトは昨日のアレをゲットした時に見てみたんだけど、
その時にブログのリンクバナーも見たけど、
こういうののブログって、スタッフが地味に
お知らせや関連報告をつづるっていう、
ごく地味なブログかなって思ってたので、見てみなかったんです。

今回、改めて昨日見た公式サイトのリンクをクリックしてみたら、
ちゃんと今日見たおもしろいブログにつながってました。苦笑
公式ブログであんなに楽しい写真撮ってブログ作ってるなんて思わなかったからさぁ~。
もうビックリよ!
さすが!あの、自販機から生茶パンダ先生が出てくるイベントをやっちゃうだけあるね!
”生茶パンダ先生チーム”のそのセンス、すんごくワタシ好みです嬉

ああ~、私も”岡リナ”人形にいろんなことさせて写真撮りたい~にこ
でも、いい”岡リナ人形”候補が見つからなくててん


そんなワケで、ここ数日で「生茶」に対する私の好感度はアップアップ

私はもともと本物のパンダは大好きだけど、
「生茶パンダ先生」にはあまり興味なかった。
でも、3月にSさんのブログで、あのイベントのことを知り、
おもしろい企画だなぁと思ってたところで、
今回の「生茶パンダ先生inボトル」お茶生茶パンダ先生ゲット。
そして、あのおもしろい「生茶パンダ先生の語録ブログ」
そんでもって味も美味しかったしね~お茶

いやあ…、おもしろいブログに出会えてよかった…パンダ先生

| | コメント (0)
|

2009年8月29日 (土)

出た!生茶パンダ先生!inボトル

出た!生茶パンダ先生!inボトル

ファミリーマートで見つけました!

ああっ!
こっ、こっ、これは…!
前にSさんのブログで読んだヤツだ!
あの とってもユニークなイベントでSさんがゲットして来たヤツだ!

 

あの生茶パンダ先生が自販機から出てくるという、
なんとも私がくいつきそうな、おもしろ〜いイベント。
私は参加できなかったけど、コレ、販売になったんだ〜!

 

しかし、生茶のペットボトル2つと、生茶パンダ先生入りボトルで777円!
超高いよ!
生茶パンダ先生入りボトルが500円弱という計算になる。
でも普段、マスコットぬいぐるみとか買えば500円くらいするか…。

 

だけどこうして売ってると、すんごい高く感じるね…。
だってSさんは150円で、生茶1本と生茶パンダ先生入りボトルをゲットしてたからさ。
それに比べるとさ…。

 

ま、でもそれは整理券もらうのに並んで、
イベントに参加したから得られたものだもんね、仕方ないね。

 

高いけど、そこはやっぱり私だもん。
買っちゃったさ…☆

 

「数量限定なのちゃ」って生茶パンダ先生も言ってるし。

 

オモシロイじゃん☆
ネタになるじゃん☆
こういうの、素通りできないじゃん、ワタシ。

 

で、いつものごとく、職場の冷蔵庫に黙って入れといた。
(お昼休みにコンビニ行ったので)

 

冷蔵庫の扉を開けたらバッチリ目に入るように前面に出して。

 

もちろん、次々見つけた人が私に耳打ちしてくる
「アレって…岡リナさんの?」

 

みんな値段聞いて「高〜い!」って驚いてたけど。

 

でも、タイミング良く出会えて買うことができて良かった♪

 

生茶パンダ先生は、冷蔵庫で冷やされてて風邪ひかないのかなぁ?
モコモコの毛皮があるから大丈夫なのかぁ!

| | コメント (0)
|

まささんのサイン入りCD届いたヨヨヨ(^0^)/

まっささぁ~ん!
届いたよー!まささんがサインしてくれたCD!present

当選者発表の日から、毎日毎日、仕事帰りにポストを見て、
先に帰ってきてる家族に
「ねえー、私になんか届いてないー?」と玄関先で叫びつづけ、
ついに今日の私の玄関での問いかけ(叫び)に
「なんか届いてたよー!」とのこたえ。

まささんのサイン入りCD届いたヨヨヨ(^0^)/

よかった~heart01 あの名前はあたしのことだったよ。
同名の人違いじゃなかったよ。

一緒にあたしの名前も書いてくれて感激ーhappy02heart04
まささんがアタシの名前をマジックで書いたのかと思うと…
…あ、やば…、はなぢ出そ…wobbly

写メ撮って、携帯の待ち受けにしました(^-^)v

しかも、ドリカムのサインと、まささんのサインの両方あるぅheart01heart01
おまけに、ちっちゃく漢字で「中村正人」とも!

日付は7月22日って書いてありました。

あれ? この日付って…

「ドリしてます?」ツアーの大ファイナル@神戸の日じゃない?
アンド、皆既日食の日
アンド、ドリブログ900回記念の日

これは、あえて記念に、この日ってことにして書いたのかしら?
まさか神戸ライブの後の、お疲れな体で
39人×2アイテム=78回
サイン書いてくれたの?
いや、まさか、そんなお疲れMAX状態で、まさかね。
大仕事を終えて一番ホッとしてる時だもんね。
それじゃあ、ライブの前?

でも、いつのタイミングでも、とにかくサンキュ.です

そして、まささんからプレゼント応募に際しての注意事項
「ただし、美味しい話しには何かしら裏がございます。
つまり、当選してしまったあなたは、自動的にドリしなければなりません
しかも、
ドリを広めるために、一生、「ドリ自主プロモーション隊」として
ドリを宣伝しなければならない運命を背負うことになります
。ウシシシシ。

覚悟のある方は、どんどこご応募下さい。」

…ということでしたが、もちろんその覚悟があるから応募しました。
もうすでにドリ自主プロモーションしつづけて17年
これまでに、それなりに結果を出しておりますよconfident

そして、どう考えても、一生shineドリ人生shineを歩んでいくと自分でも思う。
すでに老後にドリするために、ちゃくちゃくと準備を進めておりますから。
一応、ドリ引退後のことも考えて、老後にもドリできるようにネwink

あ、誤解のないように言っておきますが、
間もなく老後っていう年齢というわけではありませんよ。

…ということで、まささん、ヨヨヨ、ありがとうーsign03
大切にお宝として保管します。
んで、待ち受け画面でみんなに自慢しますscissors

| | コメント (2)
|

2009年8月28日 (金)

「ブラスト!」見てきました!

まささんのサイン入りCD届いたヨヨヨ(^0^)/
 
先日、数年前から気になってた「ブラスト!」を、やっと見に行って来ました。
 
そう、あの、管楽器や打楽器を演奏しながら、
踊ったりいろいろパフォーマンスするやつです。
 
楽しかったですね~音譜
驚きと、笑いと、感嘆と…
思わず「おおー!」と声がもれたことが何回あったことか…。

ぜひ、おすすめですよ!

東京公演はもう終わっちゃったけど、
まだ川口とか横須賀とか、関東地区でもあるし、
全国まだまだ10月くらいまで公演があるので、
チケットがまだとれるものなら、ぜひオススメですね。
 
で、今さら無理かもしれませんが、
前の方の席でないとわかりづらい細かいパフォーマンスもあるので
できれば前のほうの席をとることをおすすめします。
わりと奥行きのあるステージセットなので、
後ろの方のセットで演奏するのも、前だと見やすいし。


※これ以降はネタバレしますので、
これから見に行く予定の方は読まないほうが素直に楽しめると思います。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 

私は初めてだったので、とくに全てが新鮮で
驚きと楽しさに溢れていましたkirakira
でも逆に、一度見るとまた見たくなる魅力があるとも思いました。
トランペットやホルン、長~いトロンボーン、大きなチューバを
演奏しながら動き回り、踊るんです。
しかも限られたスペースにかなりの大人数で。
 
大きなフラッグを持った人なども、それを飛ばしたりして踊り、
立ち居地もくるくる変わるし、よくぶつからずに移動できるなぁと思いました。
トランペットが宙を舞ったのを見たときには、
「ええーっ!!落とさないのぉぉー!?」とびっくり!
思わず「おおーっ!!」と声が出ちゃいました。
トランペット片手に、もう片方の手で側転したりも。
 
ドラムの超・超・早業に感心してまた「おおー!」。
あと、説明が難しいんだけど、
しゃがんで低い姿勢で、スティックの片方を肩や耳に平行にのっけて、
そのスティックを、もう片方のスティックで叩いて上下させながら
耳などに乗ってるほうのスティックでドラムを叩いて、
手で叩いてる方のスティックでも、
もう片方のスティックを叩きつつドラムも叩いてて…
(ダメだ…説明できない。見ないとわかんないわ…)
とにかくいろいろすごかったんです! 
 
フラッグのパフォーマンスもすごかったなぁ。
フラッグを飛ばず人も、受け取る人も、大変な調節加減だろうなぁ。
優雅にやってるけど、これ筋力すごい必要だよねってことばかり。
 
なんか…体育会系ブラスバンドってかんじ?
 
ドラムの時とか、スティックを打つ音を効果音に見立てて2人がやりとりして、
ちょっとしたショートコント仕立てなパフォーマンスになってたり、
ブラスの演奏でも笑えるオチが随所に散りばめられてたり
楽しく笑える場面も満載!
かなりエンターテイメント性の高いショーでした。
 
途中、20分の休憩があるんですが、
その時も、やけに慌ててトイレに立つ人が多いなぁ、なんて思ってたら、
休憩時間にロビーで出演者がパフォーマンスする
ロビーパフォーマンスというのがあるんです!
知ってる人は急いで行って、それを前の方で見ようと席を立つんですね。
トイレじゃないんです(^▽^;)
ロビーパフォーマンスも、ロビーいっぱいに人が集まり、
まるで体育館での全校集会みたいに、
ロビーにみんな座って見ていました。
私はモタモタしてたので後ろの方で、あまり何をしてるのか見えませんでしたが、
ドラムのパフォーマンスでした。
 
後半の舞台が終わった後も、
最後、出演者は、客席の真ん中の通路を通って、
後ろの出入り口から退場していくんですが、
客席を抜け出て、そのままロビーでまた
終演パフォーマンスがあったんです。
 
なんか、そのサービス精神ってすごいなぁって思いました。
私は初めて行ったけど、たぶん一度行った人は
また行きたくなるんだろうなぁって思いました。
私も来年またやるんなら見たいと思いましたもん。
でも来年はもうないんですよね…。
今年の公演が終わると、しばらく日本公演はお休みとのこと。
残念だけど、今回行っておいてほんとによかった!

| | コメント (0)
|

2009年8月25日 (火)

NHK「みんなでドリする?」オンエアー☆

思ってた以上にすんごく良かった!感動した!


3月10日国立代々木競技場で行われたライブイベント。
その名も「みんなでドリする?」音譜

ドリカムを聴いて育ったアーティストや、
ドリカムとこれまで関わってきたアーティストの皆さんが、
それぞれ思い出のドリソングを歌ってくれちゃうというもの。

そんなスペシャルなライブが、
ヨヨヨ(@読売新聞「yorimo」)の企画立案で実現した上に、
NHK(地上波)でその模様をオンエアーテレビ

以前、衛星放送ではすでにオンエアされていましたが、
私は自宅では見られない環境のため、
きっとヨヨヨが地上波オンエアを実現してくれると信じて待っておりました。

時間はだいぶ短く編集されてたはずなのに、中身の濃いこと!!
まあ、ライブのダイジェスト版ってとこなんだろうと思っていたら、
当日のライブを単にカットしてつなぎ合わせたダイジェスト版ではなく、
新たな映像もいろいろ入っていてびっくり!

ラジオパーソナリティ風の番組ナビゲートもあり、
出演してくれたアーティストの新たなコメントも撮ってあり、
昔から最近までのライブ映像やら、紅白の映像やら、
ドリの20年の歴史を振り返るようなひとコマを挿入しつつ
ドリカム登場!…みたいなね涙
私の持ってない映像が一瞬出てきて「おおおっ!」とテンション上がりました嬉

私もライブ当日はあの場で実際に見てきてるんだけど、
最後、ドリカムの出番で美和ちゃんがまさに「男前」に歌うのを見て、聴いて、
改めて自分はやっぱりものすごくドリが好きなんだと実感…

当日ライブ見てても、あの日の美和ちゃんの歌やパフォーマンスは
すごく良かったという記憶があり、
3月のブログでも書いているんだけど、
やっぱりツアー直前で、リハーサル真っ只中だから調子が出てきているのか、
美和ちゃんの歌声がとっても良かったんですよね。
あとテレビの時の、緊張が歌にかぶさってる感がなく、
とってもイキイキとして、パーンと突き抜けた歌になってて、
まささんの言うとおり、「男前」な美和ちゃん、久しぶりでした(3月の時点では)。

まあとくかく、思ってた以上に中身の濃い50分間でしたkirakira
すごく楽しく見られたし、感動したし、
なんか、ちゃんとひとつの番組として真剣にきっちり
制作してくださったんだなぁと思いました。
だから、切り貼りしただけじゃなく、感動的な作品として仕上がってた。
こんなちゃんとした「新たなひとつの番組」としてオンエアされると思ってなかったので、
すごくうれしかったです。

録画したビデオ、大切に保管します。
もともとドリのものは大切に保管するんだけど、これはすごくいい思い出になると思う。
いろんなアーティストの方が、レコード会社とか、マネージメント事務所の垣根を越えて、
こうしてドリのために出演してドリの歌を歌ってくれて。
そんな様子を記録して残しておけるなんて、しかもきちんとした作品として!
予備の録画がないので、慎重に保管しなきゃね。

(録画したやつ、すでに3回見たよ。)


NHKさん、ありがとう!
ヨヨヨ、ありがとう!
出演アーティストの皆さん、ありがとう!
たくさんのスタッフさんも、そしてもちろんドリも、ありがとう!
美和ちゃんもイイ歌聴かせてくれてありやとドキドキ

それから、今回の放送では出てなかった東MAXもありがとスマイル
時間の関係でカットされちゃったけど、あたしの心には録画されてるからウインク
すんごくおもしろかったからさ~、マサMAXとのやりとり。
みんな毎回爆笑してたしねキャッ☆
ある意味、おもしろいからこそカットになっちゃったパターンだね…苦笑

みんなみんな、ありやと~!!!


※ライブに行けなかった人や、番組を見逃してライブの様子を知りたいという方は
3月12日のブログ記事:「みんなでドリする?」ライブレポ(完成版)
をご覧ください。
セットリストも交えて、さらっと、ひととおりレポしております。

| | コメント (0)
|

2009年8月21日 (金)

え、え、え?アタシ?当選してます?

ついについに発表になりました。
代表質問の答え、もとい、
先日のドリブログ3×9(サンキュ.)プレゼントの当選者。

今日のヨヨヨのブログ
39人の当選者の名前をザザーっと見ながら思ってた。

私、サインに書いて欲しい名前、何て書いたっけ?
フツウに本名フルネームで書いたんだっけ?

…ああ~、あたしの名前はないなぁ…

あ、この人、よく見る名前!
トラバでも、ドリボでもよく見かけるし、
まささんのラジオでもよく読まれてる。
すっごいなぁ、いいなぁ、選ばれる人は選ばれるもんだなぁ。

あ、この名前、友達と同じ名前だけど、
ひらがなで下の名前だけだから、
同じ名前の人なんていっぱいいるだろうし、違うかなぁ。
こないだ誕生日だったばっかだから、
あの子に当たってたらスゴイいいプレゼントになるけどなぁ。



   …あん?
             えっ!?

だらんと、のけぞりながら見ていた私は
まるで漫画かドラマのベタなシーンのように、
突然ガバッと起き上がって画面にくいついた。

  
あ・あ・あ・あれ?

  こぉ…れ…ってぇ…、
            …アタシ?

なんか…私っぽい名前が…。
でも、同じ名前という可能性も…。
でもでも、…でも、やっぱりアタシかも…。
違ったらショックだし、あんまり過剰に期待しちゃ危険。
でも、多分、きっとそう、 …な気がする。

ひとまず、ホントに自分なら今月中に届くはず。
ドリドリ(いや、ドキドキ)しながら待ってみよう…。
私だとイイナ。


  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


ところで、突然話が変わりますが、
yorimoサイトのサイドバーの「人気タイトル」が、
私にはドリしてるように見えて仕方ない。

ランキングなので、見るタイミングによっては
ベスト5から抜けちゃってるかもしれないけど、

まずは、1位の、前々からある元祖の方の
「3×9(サンキュー)」キャンペーン
これはもちろんドリの曲「サンキュ.」を連想してしまうし。

2位の「美STORY」
和訳すると、STORY=話
つまり「美話」→「みわ(美和)」
考えすぎ?…でも、見てすぐ連想しちゃったよ。

そして5位の「ヨリドリランキング」
これも見てすぐ思った。
「あ!ここにも”ドリ”ってついてる!」
しかも、「ヨリドリ」って、
私のブログタイトル「よりドリみドリ…」みたいじゃないっすかぁ☆
なんだかアタシもyorimoチームみたい♪


そんな、寝ても覚めてもドリドリしてる私は、
もちろんこれからNHK「みんなでドリする?」でドリします!
ではまた、のちほ(^o^)/

| | コメント (2)
|

2009年8月20日 (木)

前歯が、かけた…( ̄▽ ̄;)

2日前の朝、クリームパンを食べてたら
ガリッと口の中で音がして 何か固いものを噛んだ様子。

でも、食べてるのは、ふんわりやわらかクリームパン。

あんパンみたいに胡麻もついてなけりゃ、
アーモンドスライスなんかも乗ってない。

まさか、歯がかけた?

実は、前にも歯がかけたことがあったので、頭をよぎったけど

いやいや、砂糖のかたまりが紛れこんでたのかも?

と、ちょっとポジティブに言い聞かせてみたり。

でも、以前治療した前歯が、ひびが入ったように見えてるのがあり
ひびなのか、気のせいなのか、分からずにちょっと気になってた。

そして、舌で前歯をなぞって確かめてみた。

下の歯は…、大丈夫そう。

上の歯は…、…(-_-;)

かけてる…。
ザラザラする。
尖ってるとこがある。

ドキドキしながら鏡でどの程度いっちゃってるか見てみた。

すごく大きくもないけど、ほんのちょっととも言えない。

場所は、上の前歯の真ん中から2つ目。

隣の歯とわずかに重なってる側の角なので、
まあ、見る角度によってはわかりにくい。

でも まともに見れば、ハッキリとガタガタとかけてるのが分かる。

これって治るんだろうか?
何かくっつけて補修しても、噛んだりしたらまたとれちゃうんじゃないの?

いろいろ心配しながら歯医者さんに行ったら、
なんとかキレイに治してもらえました!

よかった〜(´Д`)
ひとまずは安心。

でもまだちょっと心配な箇所もあるんだなぁ…。
ど真ん中の上の前歯。
ココの角もなんか、しばらく前から線が見える。
ど真ん中だから、かけたら早速目立ちそうだし、
歯医者行くまで愛想笑いもできないね…。

でも ま、ひとまずホッとしました。
はぁぁ〜…(-.-;)

| | コメント (0)
|

2009年8月19日 (水)

ドリ情報:月刊EXILE

今日、本屋さんでみかけました。

発売中の「月刊EXILE」9月号のP.88に

ドリカムのツアー「ドリしてます?」のライブレポが掲載されていました!

気になる方はぜひ見てみてください♪

| | コメント (0)
|

2009年8月16日 (日)

第59回 勝毎花火大会、見れちゃいましたー(^▽^)v


       ~!

     (美和ちゃんの着ボイス風にお願いします)



P1050595
         ドドーーーン!!

P1060389
      ドン、パンパン、ドドドド…

P1050937
        ドーン、バンバン!

P1050940
     ヒューー、ドン!ドン!バン!

P1050749
   ヒューヒューヒュヒュヒュ、ドン!ドン!

P1050735
    ヒュルヒュルヒュルヒュルー

P1060489
  シュシュシュシュシュ!!ドンドドドン!

P1060469
    シュドーン、ドン、パーン!

P1050541_2
ドドドドドドドド…ドパーーン!!パンパパーン!!


見たくてしょうがなかった勝毎花火大会

毎年8月13日に、北海道帯広・十勝川河川敷で行われています。
今年は天候の関係で翌日14日に順延

ここ数年、毎年夏に行ってる北海道は、
今年は5月に福岡に行ったために自粛(?)していました。
でも、地元の花火が思ったよりちゃんと見れなくて、
そしたら急に勝毎花火大会を見たくなって、
でも8月13日なんて、一番の繁忙期。
直前では、飛行機やホテルがまともにとれるわけがありません。
(どんな条件でもよければ、まだ手段はあったけどね)

クヨクヨしながらも勝毎花火大会のことを調べていたら、
なんと!ネットでストリーミング観賞できるということがわかり、
当日、同じ時刻(19:30~21:00)にライブ中継onpc

すっごーいsign03さすが勝毎花火大会happy02

すぐさま携帯のスケジュールに登録し、
10分前にはアラームが鳴るように設定。
しかも、そのアラーム音は、
美和ちゃんの着ボイス「たぁ~まや~!」


ネット中継、なかなか楽しめましたヨnote
しーっかり最初から最後までノーカットで見られるし、
いろんな角度から撮影されてるから、
会場の全体の様子もわかるし、花火のアップも見れるし、
ちょっと遠めからいくつかの花火全体も見えるし、
司会進行の人の声もちゃんと聞こえて、
打ち上げる合い間の花火の説明も聞けるし、
もちろん花火の音だってバッチリ聞こえます!
かなりライブ感あり、部屋を暗くして熱中して見てしまいました。

花火大会はオープニングからフィナーレまで5部に分かれてて、
みんなの募金で作られた花火とか、全国各地の花火とかもあり、
あと、十勝出身の有名人からのメッセージ動画が
大画面に映し出されたりなどのコーナーもありました。
ドリカム20周年だし、期待してたんだけど、
残念ながらドリからのコメントはありませんでした。
松山千春さんとか、スピードスケートの選手とかがありました。

やっぱり一番良かったのが、最後フィナーレですねsign03
次から次へと連続して打ち上げられる花火が
とどまることなくドンドン重なって、夢中になっちゃいました。

「おおーーっ!!すっごーい!うわ!すごいすごい!!」

…と、気づいたらパソコンの前で1人で声に出してましたよ…coldsweats01

しかも、フィナーレ前半のBGMがドリカムの「Ring!Ring!Ring!」
この曲が終わると、つづいて次に違う曲がかかっていましたが、
しかし、なぜに「Ring!Ring!Ring!」だったんでしょう?
「あの夏の花火」とか、もう過去に使ったことあるからとか?
「高く上がれ」は、フィナーレには勢いがないから不向きかな?

wink美和ちゃん、勝毎花火大会のBGMに合いそうな曲
なんか作ってくれな~い?…来年の夏までに
華やかで勢いのあるやつを1曲!


ひとつ残念なところは、画面サイズがかなり小さく、
ちょうどこの写真くらいの大きさ
(ドリファンの人しか分からないけどDCT-TVくらいの大きさ!)
だから、ちょっと画像の大きさは物足りないけど、
それでも思わず声が出ちゃうくらいだから、
結構夢中で見れちゃいましたhappy01

んで、せっかくなら、見られない人にも”おすそわけ”しようと
パソコン画面だけど写真にも撮っちゃったしcamerashine
(てことで、上のは全部パソコン画面の写真ね)

でも、花火だから当然、タイミングが難しいので
実際はこんな写真より、もっとずっと良かったんだから~happy02
現場でホンモノ見たら、相当な迫力なんだろうね~。

最後のフィナーレなんて、どんどんスゴイのが来て、
とても撮影が追いつかないwobblysweat01
後から気づいたけど、
カメラに動画撮影の機能があったんだった…flair
使ったことないから忘れてた…coldsweats01
1時間半全部はカードの容量が足りなくてとても無理だけど、
とくに盛り上がりのところだけでも動画撮っておけば良かった。
そしたらBGMの「Ring!Ring!Ring!」ごと、記録できたのにねbearing

…ていうか、その前に、しょせんネット画像なんだけどね。
どうぜなら、ホンモノを動画撮影したいよね。

おっし!来年は現地で見るぞ~~airplane

で、できれば思い出の記録に撮影もできたらいいなshinecamera
もちろん、まずはナマで見るのが最優先だけど、
デジカメなら、アナログと違ってレンズ覗いてなくてもいいから
カメラ持ちながら目線はある程度空に向けていられるし。

ま、今年はネットで見れただけでも良かったナnote
ネット中継してくれて、どうもありがとネ~heart04

| | コメント (0)
|

2009年8月14日 (金)

出没!アド街ック天国「夏の帯広」

ちょいと遅くなりましたが、テレビ番組レポです。
見逃した方の参考になれば…

8月8日放送のテレビ「出没!アド街ック天国」
今回は「夏の帯広」ということで、
帯広はもちろん、その周辺の池田町はじめ十勝地方の特集でした。

池田町は、ドリカムの吉田美和サマの故郷でございます嬉
近年は「DCTgarden IKEDA」という、美和ちゃんの記念館的なものができて、
ファンの間では池田町や帯広に出かけるのが憧れであり、恒例にもなってます♪

そんなDCTgarden IKEDAが、「アド街」にランクインされたとの情報が
ドリカムのオフィシャルサイトから来ました。
それでなくとも帯広周辺の特集とあれば、チェックしなければレ

私はDCTgarden IKEDAができてから、毎年夏に行っています。
でも今年はドリの福岡バースデーライブに参加するかわりに
北海道行きはあきらめていたんです。
だから、今年は情報収集して、来年の夏にしっかり役立てようと
番組も楽しみにしていました音譜

当日はしっかり録画の準備もしてテレビの前にスタンバイテレビ

番組が始まると、早々に私の携帯に誰かからメールが届きました携帯
おそらく、誰かテレビをみている知り合いが、
私にこの番組のことを知らせてくれてるんだろう、と思い、
見てみると…
やはりそうでした。
職場の後輩からのお知らせメールでした。
(私の知り合いは、ドリカムを見るとみんな私を思い出します)
すばやくお礼のメールを送り返し、再度テレビに集中。


早速オープニングから、映像に
白樺並木やら、放牧中の牛牛やら出てきて、
「うわぁーー」と興奮しながら見ていました。

ベスト30までを発表でしたが、何度も行ってるところも、
今度行ってみようと思ってるところも、
聞いたことあるけど行ったことないところも
全く知らなかったところ(もの)も、いろいろありました。

ベスト30の内容は、番組公式サイト に一通り出ていますので、
ココではドリカムにまつわるところだけ
自分で行った時に撮ってきた写真を交えながら、ご紹介します。
(番組でも映像が出ていたので写真掲載も大丈夫だと思うので)

まささんからの宿題 でもあったしね。だいぶ遅くなっちゃったけど。


  28位 十勝ネイチャーセンター

その中で十勝石(黒曜石)のことが出てきました。
黒曜石はドリカムの曲「月光」の歌詞にも出てきます。
私も旅行した時にワイン城のお土産売り場で購入してきました。


  25位 高橋まんじゅう屋

P1000138
通称「たかまん」
昔ながらのおやつ、大判焼きや蒸しパン、
ソフトクリームなどが売っているお店です。
かき氷も確かあったと思います。

番組内でも言っていましたが、美和ちゃんが高校時代、
学校帰りによく行っていたという、ファンの間では有名なドリスポットです。
ちなみに、この時のBGMは「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」でした。
帯広駅のすぐ近くではないので、ちょっと距離はありますが、
歩いても行ける距離です。

「たかまんのおばちゃん」が美和ちゃんのことを
「どこで会ってもいい子」って言ってるのが出ていました。
嬉…ですよね~?


そこの若旦那さんが高校時代の先輩だって美和ちゃんが言ってたと思います。
帯広柏葉高校の生徒は昔も今もよく通っているらしいです。
5年位前の別の番組では「柏葉生では知らない人はいない」
美和ちゃんが言っていました。

私は毎回、大判焼きの「あん」と「チーズ」を1つずつ買います。
いつ行っても結構混んでて、地元でもホントに人気があるんだと思います。
チーズの大判焼きに「チーズ」と文字が焼き付けてあるのが
かわいくて私は気に入ってます。
P1000148

蒸しパンやソフトクリームは、私はまだ食べたことがないので
また次回は食べてみたいです。
番組では、美和ちゃんがいつも食べてたのがソフトクリームだと紹介されていました。
5年前に見た別の番組では
「夏は氷水にクリーム金時(かき氷)がサイコー!」とか言って食べてたような…。

余談ですが、「たかまん」紹介の最中に、ニュース速報のテロップが出て
それがすごく残念でした。
録画して永久保存版にするつもりだったのに。
地震とか台風の速報なら仕方ないけど、そういうたぐいのじゃなかったし、
おめでたいニュースでもなかったから、このテロップが一生残るのかと思うと残念。


  21位 炭火焼き鳥「とりせい」

ドリカムがツアーの打ち上げで利用したそうです。
聞いたことはあるけど、私は行ったことはありません。
また機会があったら行ってみたいですね。


  15位 DCTgarden IKEDA

P1010175dct
「ALMOST HOME」
をBGMに、ついに登場しました!
同じ敷地内にあるワイン城の建物に
「おめでとうDREAMS COME TRUEデビュー20周年」
という横断幕がかかっていました!
うわぁぁ!これを写真に撮るだけでも、
今年ココに行く価値あるわぁ(>_<)

ぜひとも今年の夏に行きたかったー!

そして同時に美和ちゃん行きつけのラーメン屋さんラーメン「再来」
ドリファンお決まりのコースということで紹介されていました。
P1000020
この時のBGMは「スキスキスー」でした♪

店内には美和ちゃんのサインや、みんなで撮った写真や、
切り抜きみたいなものなど、ドリ関連のものがいろいろ展示されていますが、
その中で、2005年4月の帯広ライブの時に来店して書いた
美和ちゃんのサインが写っていて、
「変わらずうまくて うれしっす」という美和ちゃんの
色紙に書かれたコメントが映し出されながら読まれていました。

ここは美和ちゃんの実家から結構近くて、
以前、私が「再来」でラーメンを食べてる間に、
吉田家から出前の注文が入り、おじさんが配達に行っていました
(出る時は教えてくれなかったけど、戻った後で教えてくれました)

帯広ライブの前日だったので、実家に帰っていたのかもしれませんが、
配達の時には美和ちゃんは玄関先には出てこなかったそうなので、
美和ちゃんもいたのか、家族だけだったのか分かりません。
でも、「出前」にするあたりからして、
美和ちゃんがいるからなんじゃないかな~と思いましたが。

美和ちゃんはラーメン「みそ」が好きだそうですが、
私は合計5回行っているので、「しょうゆ」も「しお」も食べましたが
どれも全ておいしかったです。


  11位 ますやパン

番組では言ってなかったですが、
これも美和ちゃんが昔よく行っていたパン屋さんです。
5年前のテレビで実際にこのお店で買い物してるシーンが出てきていました。
「バターフレッシュ」「ねじり」「白スパサンド」の名前を
ブツブツ言いながら買い物していたので、
私も「ますやパン」に行ったときは、必ずそれらを買います。
でも、去年行ったときには「バターフレッシュ」は
駅前本店(?)ではもう作っていないとのことで買えませんでした涙
「白スパサンド」は人気ナンバー1商品だと番組でも言ってました。


  9位 勝毎花火大会

これですよ~!
BGMはもちろん「あの夏の花火」
この曲は、十勝川河川敷でのこの花火がモデルになっていうという話。

こないだスマステでも、「この夏見たい花火」全国2位に入っていたそうで、
それを知ったのが7月末で、そこから
やっぱり今年も北海道に行きたい!と思って、
ためしにいろいろ計画ねってみたんですが、お盆の時期なので
飛行機やホテルが、とても予約がとれる状態ではなく、泣く泣く断念しました。
しかし、こうしてまた花火に限らず十勝の映像をいろいろ見てしまうと
またまた行きたくなって、キャンセル待ちとかいろいろ調べてみるも、
やはりちょっと無理っぽい…涙
今年は諦めて、来年に託すしかなさそうです。
来年は休みとれるかな~。


  3位 吉田美和

なんと!3位に「吉田美和」と、美和ちゃん自身がランクイン!!!
えええーっ?まるで人間国宝みたいですね。(人間宝か?)
いや、でも、ある意味、人間国宝ですよね、美和ちゃんは。
国の宝ですよ!
まさかまさか、美和ちゃんそのものがランクインするなんて思ってなくて、
胸がいっぱいになり、涙が出てきましたよぉ(ノ◇≦。)

歌詞の中に出てくる十勝の風景が、曲とともにいろいろ紹介されていました。
「うれしはずかし朝帰り」→帯広・藤丸百貨店周辺
「晴れたらいいね」→池田町・川合橋、フンベ山、コクワの実
「たんぽぽの堤防」→池田町・利別川堤防

「Eyes to me」→豊頃町・ハルニレの木
P1000269


一応、参考までにベスト5まで書いておきますが、
この中で「吉田美和」が3位に入ったすごさを実感してください!

1位 十勝平野

2位 豚丼

3位 吉田美和

4位 スイーツ王国
   (六花亭・マルセイバターサンド、柳月・三方六、クランベリー・スイートポテト)

5位 十勝ワイン


ちなみに6位花畑牧場でした。

どうです?すごいでしょう?
この中で3位って!

番組には、東MAXもスタジオ出演していたので、
ドリカムのことを何かコメントしてくれるかなと期待していたんですが、
案外そういう話題はあまり出てこなくて、ちょっと残念でした。
最後の方の締めで、一言
「ドリカムの曲聴きながらドライブしてぇ…みたいな。
ちょっといいですよねぇ。」

と東MAXが言い、他の人がうなずく、という場面くらいでした。
(他に言っててもカットされちゃったのかもしれませんけどね)
まあ、東MAXは、美和ちゃんとはあまり関わってなくて、
まささんとだから、今回は仕方ないか。
許します(笑)


さて、ビデオでしっかり予習して来年に備えますかぁ('-^*)/

| | コメント (0)
|

2009年8月10日 (月)

行ってきたよ!”マリーナ・ショウとステキな仲間たち”のライブ♪

まささんがメロメロ☆クラクラで二日酔い状態になってしまった
”マリーナ・ショウとステキな仲間たち”のライブ♪@billboard LIVE

マリーナ・ショウが来日してライブをすると知ったのが3月。
マリーナ・ショウと言えば、ドリカムファンの私にとっては、
吉田美和さまのソロアルバム「beauty&harmony」
母親的存在のアルバムとも言える
「WHO IS THIS BICH, ANYWAY?」の、あのお方sign01

そんな人のライブが見られるってだけでもスゴイのに、
一緒に演奏するミュージシャンまで、
あのアルバムのレコーディングメンバーが4人中3人sign03

  …そりゃ、行くわ。

マリーナ・ショウだけでも、絶対行くつもりだった。
でも、大好きなデヴィ爺(David T. Walker)はじめ、
あの「WHO IS…」のメンバー達も一緒なら、
まさに、まささんが焦がれていた夢の共演shine

ドリカムを愛する私としては、ドリカムの音楽の
ベースになったものは、なるべく理解しておきたい。
だから、ドリの音楽への理解を深めるべく
今回のライブも行っておきたいという気持ちがまずありました。

そして、あとは単純にデビ爺のギターが好きだからheart04
もちろん、デビ爺の昨年秋に単独ライブやったのにも、
その前の年のにも行きました。

最初のソロライブでもうメロメロにされちゃいまして…。
なにしろ、エレキギターといえば、
ロックバンドの「ギュイ~~ン」という激しい音だと思ってた私は、
美和ちゃんのソロアルバムを聴いていた時点では、
あのキレイな音がギターだと思っていなかったんですsweat01
ライブでは気づきそうなもんだけど、
ライブでは美和ちゃんばっか見てるしcoldsweats01

ただ、DWL2003あたりのデビ爺のソロ部分では
「ん?あれ?これって…まさか、これがギターの音色?」
やっとスゴイ事実に気づき始めたのでした…coldsweats02

そして、その後、デビ爺のソロライブで、
「Lovin’You」のメロディラインを
まるで歌うように、繊細に、ロマンティックに、
トロトロのメロメロに奏でるデヴィ爺に、もうウットリlovely
あれ、デビ爺がもう少し若かったら、恋におちてましたわ…
本っ気でトロけましたから。
なんかね、体中をピンクのトロトロで包まれたみたいな気分heart01
すんごいロマンティックな音色とメロディライン。
まるで美和ちゃんの表現豊かな歌みたいに
細かい表現がたまらない、ホントに歌を歌うような繊細さなんですheart01

そんなデビ爺のギターに出会わせてくれたドリに感謝です。
でも、最初の美和ちゃんのソロアルバム聴いた時点で
気づくべきでした…sweat02

でも、もしかしたら、あの頃の私にはまだ早かったのかも。
あれから美和ちゃんの歌にもどんどん磨きがかかって、
聴いてる私の耳や感性も一緒に成長してきて
それでやっとあのギターの魅力を
わかるようになったのかもしれないですね。

だからデヴィ爺のライブは、これからもできる限り
毎回行くつもりです。


前回のデビ爺のソロライブでは、ガッチリ最前列の
デビ爺のまん前をとって見ていました。
今回は整理番号も以前より悪かったし、
マリーナ・ショウのライブだし、
マリーナに関してあまり深くないし、ヘタなことになってもまずいし、
(アーティストによってはお客さんにマイク向けたりするので)
まあ、そこそこ見やすい前の方のテーブルでいいや…
と思っていました。

が、やっぱりデヴィ爺のギターを間近で見たいと思い、
先に前の方の真ん中から席が埋まっていったので、
私は係りの人に「ギターのDavid T. Walkerの近くを」とお願いして
見事、右隅にいたデヴィ爺の真ん前の最前列をゲットscissors

そして、開演までのしばらくは
ビルボードに来るといつも注文するアマレットwineを今回も。
マリーナ・ショウ ライブ
これ、すっごく美味しいですよね。
飲むたび、「はぁ~、おいしいなぁ…」って思います。


開演になると、まずバンドメンバー4人がステージに登場shine
私が座ってる方の奥の入り口から、
客席のすぐ横を通って登場するので、すんごい近いですsign03

そして演奏が始まり、すぐにマリーナ・ショウも登場shine
最初は、なんだかすごい迫力というかオーラで
「おおおー!これが美和ちゃんをも震わせた人かぁ…」
オーラに圧倒されました。

デヴィ爺の真ん前だった私は、
演奏中もデビ爺の方をよく見てたから、何度か目が合いましたeyeheart04

デヴィ爺は、自分のソロライブの時より、真剣な表情が多く、
鋭い眼差しで楽譜を見ていたり、
ドリといる時の”ニコニコしたデビ爺”とは違って見えました。

でも何度かマリーナとデビ爺とで絡み合う即興演奏のときは、
2人のちょっとふざけた楽しいやりとりが見られ、
すごくおもしろくて爆笑してしまいましたhappy01
マリーナもすごく愉快な人ですね!

でも、すんごい人なわけですよね。
しかし、そこは素人な私。
どんだけすごい人とか、美和ちゃん達ほど分かってない分、
ライブ始まっちゃえば普通に楽しんで、
最後なんて最前列をいいことに、
マリーナとも、他の4人とも、
全員としっかり握手までしてもらっちゃいましたpaper
しかも、ちゃんと全員アイコンタクトもとってくれるんですeye

こんな世界的にスゴイ人達と、
私なんかが握手しちゃっていいのかなって感じだけどsweat01
ある意味、怖いもの知らずで出来ることですよね。

逆に美和ちゃんと握手とかできたら、
震えるわ、泣くわ、パニクるわ、鼻血出るわ、倒れるわ…lovely
ってかんじなのかも。(鼻血と倒れるのは避けたいな)
ちなみに、まささんとは握手してもらったことありますpaperheart04

今回のライブは、やっぱりあのメンバーってこともあり、
「WHO IS THIS BICH, ANYWAY?」のほとんどの曲を
やってくれたように思います。
「YOU, ME AND ETHEL-DIALOGUE」の会話まで、
マリーナとハーヴィー・メイソンとで演じてくれて、
「おおおーっ!」という感じでした。

私の席からは、ハービー・メイソンの顔は見えにくかったけど、
ドラム自体はよく見えたので、ある一部の曲では
ドラムばかり見てたこともありました。
ブラシを使った曲とかはとくに。

ギミ(大儀見さん)のパーカッションもそうですが、
いくつものドラムを2つの手で絶好のタイミングとリズム感で叩くのって
ホントに超人的ですよね。
ドラムが演奏できたら楽しいだろうなぁって、見てていつも思います。

あと、ピアノの音色もキレイでしたね~confidentshine
たぶんメロディ自体がとっても綺麗というのがまずあるんでしょうが、
ピアノ(おそらくピアノ以外の楽器もでしょうけど)って
演奏する人で音色が全然違って聴こえますもんね。

いいですねぇ、あのバンドメンバー。
マリーナもMCで「DREAM TEAM」shineって何度か言ってたけど、
ホント、夢のチームですよ。

ところで、MCは当然英語なわけですが、皆さん結構笑ってましたが、
洋楽をよく聴いてる人って、英語もわかるんですか?
私はところどころ単語でわかる程度で、
文として意味を理解できず、MCはほとんどわかりませんでした。
みんな英語がわかるなんてスゴイなぁって感心しました。
ちょっと勉強してみたくなりました。

私、きっと美和ちゃんがアメリカ人だったら、相当勉強して、
今よりかなりしゃべれるようになってたと思うなぁ。
美和ちゃんの言葉を理解しようと必死になると思うもん。
でも日本人だったから楽に理解できてラッキーだったわ…。

またあのメンバーでの来日ライブなんてないのかしら?
大好評につき、来年も!…とか。
チャカ・カーンシェリル・リンも、最近連続して来日してるしね。
両方とも最初に見逃した私にとってはありがたかった。
「DREAM TEAM」もぜひ再来日してほしいものですsign03
あ、あとデヴィ爺のソロのライブもsign01


そうそう、会場の中に、
過去にbillboard LIVEでライブしたアーティストの
サイン入り写真パネルがずらりと飾られていました。
私は自分がライブを見たDavid T. Walkerチャカ・カーンのを
記念に写真にとってきました。
シェリル・リンは見つけられませんでしたが、なかったのかな?

マリーナ・ショウ ライブ

マリーナ・ショウ ライブ


それから、billboard LIVE2周年記念で、
来場者に携帯画面クリーナーのプレゼントがありましたpresent
マリーナ・ショウ ライブ


| | コメント (0)
|

2009年8月 4日 (火)

私もマリーナ・ショウのライブに行くよ♪

やっぱり、まささんと美和ちゃん、昨日行ってたんだね

きっとドリが行くのは昨日だろうと思ってたんだ~wink
私も2人と同じ時に、同じライブを見て、同じものを感じたかったけど、
休みの関係とか、いい席で見られそうな条件を考えて、
私は別の日に行くことにしたんです。
もちろん、5月の予約開始初日に、すでに予約済ですscissors

マリーナ・ショウってだけでも行く気マンマンだけど、
デヴィ爺(David T. Walker)はじめ、
b&hメンバーとの来日と来ちゃあ、
そりゃ、行かないわけにいかないでしょうshine

デヴィ爺のギター聴くのも楽しみ~happy01
CD聴いてても、
「ああっ!ココ、ココ!デビ爺のギターだぁheart04
デビ爺っぽい弾き方だぁ~note
ってメロメロなってますlovely
私、ギターには詳しくないし、ギタリストで注目したことあるの、
デヴィ爺だけだから、”デヴィ爺っぽい”って言っても
それしか知らないんだけど、
でも、だからこそ、私の知ってる唯一の
とろけるギターなんですheart01

ふはぁ~ たのしみぃcatfaceheart04
行って来たらまた感想報告するねpencil

私は明日行きます♪

| | コメント (0)
|

ドリカムツアー2009”ドリしてます?”総合ライブレポ

DREAMS COME TRUE コンサートツアー 2009
       ”ドリしてます?”


ドリカムデビュー20周年
である2009年3月21日からスタートし、
当初の予定を延期してファイナルとなった7月22日の神戸公演まで
ライブが全て終了したので、もうネタバレもOKということで
自分の思い出の記録も兼ねて、ライブレポを書いてみようと思います。

とくにメモにとったりしていたわけではないので、
最初の参加は4ヶ月以上も前のことになるし、
記憶もさだかではありませんが、思い出す範囲で綴ってみようと思います。
(いろんな会場のエピソードを混ぜた総合レポになります)

全部の公演に参加してからレポを、と思っていたけど、
今になって、やはりその都度書いておかないと、
どこの会場でどんなふうだったか忘れてしまうなと思いました。
次回はなるべくその都度書いていこうかなと思いました。



今回、私が参加したのは
ツアー初日でもある3月21日の大阪城ホールを皮切りに、
名古屋の日本ガイシホールマリンメッセ福岡
そして最後は6月24日の東京・国立代々木競技場(第一体育館)でした。
同じ会場で複数回参加してるのもあるので、
参加日数はもっと多いですが。


今回のツアーも、t-shirt会場限定Tシャツの販売があるということで、
それを買おうと、初日の大阪のときは、
開場時刻よりは早く着いたものの、ものすごい列で、
私は残念ながら買うことができませんでしたsad
ツアー初日というのと、デビュー記念日ということもあって、
ものすごく競争率が高く、販売開始時刻より早く着いてた人でも、
すでにもっと前から並んでた人で完売してしまい、
買えなかったようです。

3月の大阪以外ではそんなことはなく、
開場時刻を過ぎてもまだあったりしたようです。

私は初日にかなりいろんなグッズを買いました。
グッズは興味ある人とない人とに別れると思いますが、
私は身の回りの品がドリづくしheart01だと幸せなので、
毎回かなり買ってしまいますmoneybagsweat01

とりあえず、会場限定Tシャツは初日の大阪以外は無事全部ゲットし、
グッズ売り場に並んだついでに、
携帯ストラップも同時に1コずつ買っていきました。
P1050028


そしてツアートラックの写真もバッチリ撮りcamerashine
Image318

今回一緒にツアーをまわってる(?)ホンダのクラリスもパチリcamerashine
Image329honda

名古屋の時がいちばんゆっくり撮影できました。

でも今回のツアートラックは、
文字だけでドリの写真がないのでかなりサミシイですthink
D15ツアーTLRツアーの時のツアートラックはすっごくステキで
見た瞬間、ものすごくテンション上がっちゃったけどhappy02up
今回のは正直、「まあ、一応撮っとくか」くらいの気持ちでした。
バックの「ドリしてます?」のロゴは結構お気に入りですが、
サイドのところは、やっぱドリの写真のほうが良かったなぁdespair


会場に入ると、メインステージから「く」の字型にせり出した花道が。
でも、そんなに長くない、会場全体の真ん中までもないくらい。
もっと後ろの方まで花道があったらいいのに、なんて思ってました。
他にシークレットのサブステージになりそうな所もないし…。

今回のライブは長そうだと思い、途中でトイレに行きたくならないよう、
ライブ前に水分をとるのは控え、いろいろ調整しながら
スタートに向けて待ちました。

そして、会場が突然暗くなると、いよいよ始まりsign03

正面のスクリーンに多部未華子さん宮崎あおいちゃんが順番に登場し、
(※「崎」の字が違うけどコレで書かせてもらいます)
「3」「2」「1」…と彼女たちの声でそれぞれカウントされます。
そして「0!」の時、正面のスクリーンがちょうど縦長の楕円形で
つまり、数字の「0」の形をしてるので、そのスクリーンのフチドリが
ぱぁっとライトアップされて、スタートsign03

オープニングはもちろん、いつもどおりの
「OPEN SESAME」wink

私はライブのスタートにこの曲を聴いていると
不思議な気持ちになります。
これからライブが始まるという興奮した気持ちにもなるのにup
どこかこの曲で落ち着かせるようにdown
自分に心構えする余裕を与えられるような、
なぜか心に余裕が出てくるんです。
たぶん、きっと、いつもこの曲で始まるから
馴染んでる安心感みたいなものなのかな。

でも最後の疾走感あるエンディングでは、
またあおられて、ドキドキ感が増してきてheart02
「うぉぉぉ!いよいよ!ついに!…キターーーっ!!!」
ってかんじになるんですけど。

そして最初の曲は、やっぱり
「a song for you ~opening theme of dydct?~」
ステージの高い位置から、2人でゴンドラのようなものに乗って現れましたshine

この曲をCDで聴いたときから、
ライブでこれを歌ってくれる美和ちゃんを、きっとみんな想像してたはず!
この曲で、涙ぐみながら歌い登場する美和ちゃんを、
私も想像してCD聴いて泣いてたなぁweep
そして、想像どおり、美和ちゃんは涙と戦いながらも、
せいいっぱい前のめりの姿勢で、一生懸命歌ってくれました。

そして歌い終わると、大きく手をブンブンと振ってくれました。

美和ちゃんの衣装は、全身にフリンジが幾重にも施された
真っ赤なミニのワンピースにブーツ姿。
まささんはジャケットに、
派手な柄のパンツ(白地に緑、紫、黄色などの柄)でした。

ゴンドラから2人が降りて、次はアルバムと同じ曲順の
「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」
ツアー最後の方では、この曲のイントロが始まったあたりで、
美和ちゃんがまささんのホッペにチュッとしてたりしたこともheart04
ライブの幸せを2人で分かち合ってるんだなぁって、
それを見て、美和ちゃんのしあわせな気持ちが伝わってきて、
私も、ものすごく幸せな気持ちになりましたconfident

この曲では、サビのところで美和ちゃんがクルクルと回るダンスが、
ワンピースのフリンジをふわっと広げさせて
まるで真っ赤なクリスマスツリーxmasみたいな形に見えました。
くるくる回る美和ちゃんの様子も、とってもかわいかったですheart01

ここで最初のMC。
涙をぬぐいながら、いつもどおりの自己紹介。
「こんにちはDREAMS COME TRUEです!」とか、
「みんな元気だったのぉ?」とか、いつもの美和ちゃんでしたheart04
他にもいろいろ言ってたと思うけど、
もう、どこで何言ってたか…???
花道を指差して「後でそっちにも行くからね!winkgoodとも言ってました。

つづいての曲は「あぁもう!」

最初の方は、しばらく
ニューアルバム「DO YOU DREAMS COME TRUE?」
からの曲が演奏されました。

早速ここで花道の方に進んで来て、
セクシーなダンスを披露してくれました。
「♪あぁ あなたにどうにでもされたい」notesのところなんて、
美和ちゃんの色っぽい表情がアップでスクリーンに映し出されて、
「これ、男子にはたまらんなぁ~lovelyなんて思ってましたcoldsweats01

私は美和ちゃんのかわいい表情の方がグッとくるんですが、
男性目線だと、どうなんだろ?
それでも私は美和ちゃんの魅力はかわいらしいところだと思ってるので
男性目線でも「かわいい美和ちゃん」が人気高いんじゃないかと
思ってしまうけど、いつも男性ファンに気持ちを聞いてみたくなります。

そして次が/
イントロから、ステージのバックにデジタルの大きな数字が
いろんな方向から流れるように出てきて、
たくさんのデジタルの数字が交差して流れて行って、
すっごいカッコよかったですsign03

この映像というか演出で、
この曲が実はものすごくカッコいいアレンジだったことに改めて気づき、
今まで以上に何倍も好きになりましたsign03
と言っても、アルバム発売日がツアー初日だったから、
フラゲで買っても、ライブまでに聴く時間はわずか数日だったんだけど。
だから、まだまだ新曲をきっちり消化できてないまま
ライブになってしまったので、新しい曲はまだまだ模索中だったんです。

ライブに行くと、たいてい、これまで以上に好きになる曲があります。
そこがライブのスゴイところ。
耳だけで聞いてるのより、映像と共に見ると印象が違うというか、
思ってたのと違う視点からも見えてくるものがあるんですね。

例えば美和ちゃんの歌うときの表情とか。
これはすごく大きいです。
バラード系なんかはとくに、
美和ちゃんのせつない熱唱の表情にヤラレますwobbly

あと2002年のツアーで聴いた「スキスキスー」は、
美和ちゃんがむちゃくちゃ幸せそうな笑顔でかわいく歌ってるのを見て
なんかすごく可愛らしい曲に思えてきて、
歌詞カード見ながら冷静に聴くとのは違って
気持ちまで歌にのっかってくるんです。

あとはダンスの影響も大きいですね。
ダンスはアレンジを引き立たせる効果があります。
当然ながらリズムにのって踊るわけだし、
アレンジに合った振り付けが考えられるから
改めてアレンジに意識がいきます。

そして場合によっては歌詞を引き立たせる効果も。
中には歌詞の内容を振り付けの一部にとり入れてることもあり、
そんな時は、出てくるキーワードが妙に愛らしく思えたり、
単純に意識に強く残って、そのライブで見たダンス自体が
自分にとってちょっとした思い出として残ったり。

今回の「サヨナラメーター/タメイキカウンター」は、
GATZ(中澤信栄)さんあずみさんのダンスも超お気に入りsign03
ある会場では、ガッツさんとあずみさん側に近いスタンド席で、
この曲に関しては、美和ちゃんより見ちゃってたかもっていうくらい
見てました。
とくに最後のキメのところはカッコよくってgoodnotes
すっごい良かったです。
あれはKEITAくん&SHIGEさんの振り付けなのかなぁ?

他の曲もそうですが、全体をとおして、
私はあずみちゃんのノリ方が、すごく自分の好みのノリ方でした。
リズムのとり方というか、動きっていうか、ノリが。
だから、なんかあずみちゃんを見てると
ステージで踊るのが楽しそうに思えて、
自分も踊りたくなっちゃいました。
(実際は人前で何かするのは苦手なのでやりませんが)

ということで、「サヨナラメーター/タメイキカウンター」は、
あのデジタルの数字が流れる映像と、あずみちゃんのダンスが
私の心のMVに映像としてインプットされ、
この曲をCDで聴くたび、その映像が流れますconfident

ライブってそういうとこありますよね。
CDでたくさん聴いてた情報より、一度見たライブの映像や、
美和ちゃんのライブ特有の歌い方(フェイクとか)の方が
印象に残ってたり。
「百聞は一見にしかず」って、こういうことだったんだと実感します。

この後、少しだけMCが入ります。

たぶん次の曲が「大っきらい でもありがと」で、
一転してバラードになるから
続けて歌うにはちょっと曲調が…っていうことからだと思うんですが。
ここのMCでも、結構いつものドリ全開なかんじで笑ったりしてるので
バラード前のMCって雰囲気ではなく、
イントロが始まって歌い出す間に気持ちのスイッチ切り替えるの
すごいなぁって思います。
歌い出すまでのイントロでは、
美和ちゃんは客席に背を向けた状態で立っていて、
歌い出しになって、くるりとこちらを向いて歌うので
どんな表情でイントロを過ごしているのかわかりませんが
そういう待ちの時間の表情もぜひ見ていたかったですね。

「大っきらい でもありがと」は、
気づくと、ものすごく聴き入ってしまっています。
美和ちゃんの歌声と、歌ってる表情とかも含めて、
すごく引き込まれてしまうんです。
とくに最後の方のフェイクはすごくすごく良くて、
なんか、ものすごい歌に魂が込められてるかんじがします。
毎回すごくて、聴いた後に「はぁぁ~~~っ」って、なります。
たぶん息をのんで聴いてるんでしょうね、
軽い疲労感を感じますバラードなのに…
これはライブDVDになるのが楽しみheart04
んー、でも、ナマのライブで聴くのとは、やっぱちょっと違うんだよね。

そして次は「アピール」
今度はまた一転して、可愛らしく歌い出してましたheart01
ちょっと照れくさそうな笑顔で。
CDで聴いてると、せつない表情のイメージだけど、
ライブでは、サビはせつない系の表情だけど、
歌い出しのAメロあたりは、かわいいかんじで歌ってましたheart04

そして、最後のセリフの部分でも
CDの真剣な、せつない雰囲気とは違って、
照れたような笑顔で、まるでMCの時の美和ちゃんみたいに
とっても可愛らしくセリフを言ってましたheart01

しかも、「・・・ここでアピール出来てもだめですよね・・・?」の
「ここで」を「○○ベイビーズの前で」と言い換えて言ってくれました。
これは毎回、その会場のベイビーズに言い換えてくれていました。
しかも、すんごい可愛く言ってくれるので、たまりませんheart01

つづいて、私の大好きな「ALMOST HOME」clover
毎回、イントロを聴くと、「わぁ♪」とよろこんじゃいますnote
これはCDで聴いてるときから大好きだったんですが、
全体的にのびやかな美和ちゃんの歌い方と、
2番の「♪あっという間に乾いてるから」のトコの声が大好きでhappy02
「♪あっ」の声の優しいところと、
「♪…乾いてるから」の、な~んて言っていいかわかんない
キュッて大切な感情の詰まったかんじの声confident
あれがたまんないheart04

あと、ライブでは、そのすぐ後の「♪こちょばしくなってきて」のところで
美和ちゃんが、照れくさそうな、こちょばしくなったようなかんじで、
体を左右に小さく回転させるように振ってたのが
かわいくて微笑ましいかんじでしたheart01

「ALMOST HOME」
シングル「連れてって連れてって」のカップリングでしたが、
私としては断然「連れ連れ」よりこっちの方が好きで、
メインじゃなくて、ちょっと残念なんですよねthink

この曲はぜひとも北海道で聴きたかったですね~bearing
札幌公演で聴けた人達は、うれしかったでしょうね~clover
それよりも、故郷で美和ちゃんを送り出した両親や友達は
もうたまらない気持ちだろうねぇweep

ああ~、私もやっぱり行けば良かったかなぁbearing
でもね~、今回は福岡のバースデーライブを選んだから、
両方は、休みや予算を考えると大変だったからねぇ…sweat02

まあでも、今考えると、多少思い切ってでも行くべきだったかな、と。
やっぱり美和ちゃんにとっても特別な思いだったと思うんだよね。
北海道から18歳で上京して、頑張ってデビューして、
20年間走り続けてきて、いろんなこともあって、
それで20周年に故郷で歌う、故郷を思った歌。
bearingくぅぅー、たまらないよねぇ!やっぱ。

お金は、また働いて稼げるけど、
ライブはその時、一度しかない。
二度と同じライブはやってこない。

(っていうのが、私の座右の銘みたいなもんなんだけどねぇ)

まあ、今さらもうどうしようもない。


ここで確か、一旦美和ちゃんがステージから去って、
まささんのMCが始まります。

まささんが花道に歩き進みながら
「さあ、みなさん!…」と話し始めると、
なぜか客席から笑いが起こったりもcoldsweats01
ツアー初日の大阪とかは、そんなことなかったと思いますが、
ツアーが進むにつれ、だんだんまささんのMCで妙な笑いが…coldsweats01
まささんも何かのキャラを演じるように話し始めるので。

花道の先端で、まささんはジャケットを脱いで
ヒョウ柄のシャツになっていました。
下が派手な草花みたいな柄のパンツdenimなので、
まささん曰く、「上は動物系、下はジャングル系goodcoldsweats01

そして、まささんが
「吉田がいつも言っています。
”音楽はタイムマシーンだ”
みなさんと一緒に1989年にタイムスリップしてみませんか?」


そんな話をしていると、後ろのメインステージに
衣装を着替えた美和ちゃんの姿がshine
気づいた人は「わぁ!」とか「かわいい!」とか声をあげます。
客席の意識が一気に美和ちゃんに移ってしまい、
まささんは、
「すいません!今だけでいいですから、
ちょっとボクに集中してください!」

と言っていました(笑)
(ごめーん。あたしも美和ちゃんにいっちゃってたcoldsweats01

美和ちゃんは、まささんのパンツとおそろいの柄の
フードつきの、おっきめのジャケットを着て登場。
すごく似合っててかわいかったですheart01

そして「タイムマシーンのキャプテンを紹介します!
キャプテン・マースです!」
と、M.C.マースをキャプテンとして紹介。
そこでステージ上の大画面にカタカナで
「キャプテン・マース」と文字が出されます。
その、なんてことないネーミング(笑)を、
わざわざカタカナで出すのがちょっとマヌケなかんじで、
まささんが「わかりやすく、カタカナで出しています!」と言って
笑いをとっていましたhappy01

それから、これもちょっとマヌケな感じなんですが(笑)、
タイムマシーンを出発させる合言葉は、
まささんが「それでは、キャプテン・マース…」と言ったら
客席みんなで「よろしく!」と敬礼ポーズをするというもの。
合言葉っていうわりには「え…フツーじゃん」ってかんじで、
微妙な笑いが起こっていて、
まささんは「合言葉に対するクレームは受け付けません!」
と言っていましたcoldsweats01

その微妙な合言葉とともに、
タイムマシーンは1989年~1992年にタイムスリップしますdash

ドリカムのデビュー曲「あなたに会いたくて」のイントロが
大音量で激しく流れ始め、美和ちゃんの
「すべては、この曲から始まったー!」という叫びとともに
会場は一気に、ものすごい熱気と盛り上がりに包まれますup
照明も客席を明るく照らし、
MC中、座っていた年輩の人達もみんな立ち上がり、
みんなが一斉にワァーっとなりました。

1989年~1992年はメドレー形式で演奏されました。

「あなたに会いたくて」
「STILL」
「うれしい!たのしい!大好き!」
「MEDICENE」
「笑顔の行方」
「今度は虹を見に行こう」
「Eyes to me」
「愛しのハピィデイズ」
「眼鏡越しの空」
「決戦は金曜日」


私は92年からのファンなので、
ファンになりたての頃は、このへんのアルバムを
ものすごいヘビーローテーションで聴いていましたnotes

学校の行き帰りにウォークマンで聴いてmusicnotes
家に帰ればラジカセをかけながら着替えて、
とにかく5分あれば絶対ドリカム聴いてました。

(家で)トイレに行くときなどは自分で歌を歌いながらhappy01notes
今はもうそんなでっかい声で歌いながら
お風呂に入ったり、お茶を入れたりとかしてませんが、
当時は、家の中だし、恥ずかしいとか思わず、
ラジカセ聴いてないときは自分で歌ってましたkaraoke
今、改めて思い出すと、なんか恥ずかしいですね…coldsweats01
今は親の前とかでは、なんか歌えませんけどねぇsweat01

だから、このへんの曲は、しばらく聴いてなくても
今でも体に沁み込んでいて、すごくよく覚えていて
最近の曲よりずっと歌えますkaraokenotes
あれからどんどん曲も増えていったから、
新しい曲はどうしても、しばらく聴いてないと
どこかおぼつかない曲も…。

美和ちゃんは「決戦は金曜日」では、毎回、
そのライブ日の曜日に言い換えて歌ってくれました。
よく美和ちゃんは曜日がわかんなくなり、
「♪決戦の…今日は、何曜日?水曜日?水曜日ぃぃ~!!」
なんて確認しながら歌ってたり(笑)


ここで美和ちゃんが
「私が今、一番好きなドラマー!みんなにも聴いてもらいたいの」
と言ってファジー・コントロールのSATOKOさんを紹介して
一旦ステージから去っていきました。

そしてしばらくSATOKOさんのドラムソロ。
その間、マースだけはステージ上に残って
演奏を盛り上げるべく、紹介MCなどをしていました。

それが終わると、どこからかジェンベ(ジャンベとも言う)の音が…。
※知らない方のために…
ジェンベとは、もともとアフリカの民族楽器で
山羊の皮を張った、片面だけの太鼓のような、手で叩く打楽器です。
最近では、ドリカムのライブでマースもよく叩いています☆
私は最初に「ジャンベ」と覚えたのですが、
ギミ(大儀見さん)は「ジェンベ」と言うことが多いので今回は「ジェンベ」と書きます♪


ステージの奥から、ジェンベを叩きながら
ギミ(大儀見さん)を先頭に、バンドメンバー達がぞろぞろと出てきます。
みんなそれぞれ打楽器を叩いて出て来ていました。
美和ちゃんだけは、ステージの小さな埋め込みの中から
いつのまにか、ひょっこり上がって登場してたように思います。
(この時ばかりはギミに集中してて…スミマセンcoldsweats01
美和ちゃんはボンゴを担当してて、
途中、ギミと楽器でコール&レスポンス的なことをやって楽しんでいました。

このコーナーは、ギミのコーナーで(…と私は思ってる)
ギミが基本的に進行役でしゃべっていました。
(私はギミの話す声も好きですlovelyだからギミのラジオもスキでしたheart01

「ただいま、ドリ・タイムマシーンはナイジェリア上空を通過しています」
とギミが言い、ドリカムの20周年のお祝いに
鉄の神様「Ogun(オグン)」をみんなで呼ぼうじゃないか
…ということで、ギミのかけ声でみんなで「オグン」の歌を歌います。

大画面にカタカナで歌詞が出てくるんですが、
これが、聴きなれない言葉で、何回歌っても、
私は画面を見ないと歌えない状態でした。
「♪アー オグメレ ア エ メレ メレ」というような歌詞や
「♪アワニレ バー バー」というのを合唱するんですが、
私は最初の方の歌詞が、何度歌っても暗記できず、
画面を見ないと覚えられませんでしたwobbly
とくに「ア エ メレ メレ」の部分は、
文字で見るのと、リズムにのせて歌うのと
区切る位置が違って余計わかりにくいんです~。
結構必死でしたsweat01(ギミファン失格かなぁ)

ちなみにこの曲は、私、ちゃんとCDも持ってて、
ギミのバンド「Salsa Swingoza(サルサ・スウィンゴサ)」
最新アルバム「Aqui se puede」に収録されてる
その名も「Ogun」なんですけど…
なんとなくの感じで聴いてるし、聴くのと歌うのとは違うんデス…sweat02

結構長い曲なんですけど、みんなで合唱した部分は
探してみたら、7分くらいのところで出てきましたnotes
興味のある方は、よかったら聴いてみてくださいcd

このコーナーでは、まささんは参加してなくて、
このコーナーが終わって、片付け始めるころに
まささんが1人で打楽器(何ていう名前だっけ?)を小脇に抱えて登場し、
1人で叩きながら歌って、
「あれ?もう終わっちゃったの?着替えてたら遅れちゃった…」
なんて言って、しかもその歌の歌詞が
「♪アワニレ バー バー」のところを
「♪ニラレバ タベタイ」なんて歌ってて、
最初聴いたときは結構笑えましたhappy01

ちなみに、私が参加した中で、名古屋の最終日だけ
みんなで合唱する時に、ギミが突然まささんを呼んで
まささんも加わってやったことが一度だけありました。


そして、まささんはこのギミのコーナーの間に衣装を着替えていました。

つづいて、ドリ・タイムマシーンは1993年に行きます。

「go for it!」
「いろんな気持ち」
「琥珀の月」
「サンキュ.」
「ROMANCE」
「しあわせなからだ」
「そうだよ」
「あはは」


「go for it!」「みんドリ」でも聴いたなぁ、なんて思い出しながら。
サビのとこでは手を振り振り、ぐるんぐるん回し。

「琥珀の月」では、また美和ちゃんがオカリナを吹いてくれましたnotes
わたくし、「岡リナ」なだけに、美和ちゃんがオカリナ吹いてくれて
うれし~lovelyheart04 そして、なんだか照れる~catfaceheart04

しかも、マイクスタンドのとこに、
オカリナを入れる布製の袋みたいなのがぶら下がってるんだけど、
衣装に合わせたかんじの、可愛らしい柄の袋だったのheart04
近くで見たわけじゃないから、よくわかんないけど。

「ROMANCE」は、やはりSHIGEさん&KEITAくんと踊りながら。
最初と最後の、両手をななめ左右にのばして、
手をキラキラーって、お星様みたいにやるやつdiamondshine
なんか妙に印象に残ってます。
あれから、CDとかであの部分聴くと、その映像が浮かびますconfident

「しあわせなからだ」では、照明が印象的でした。
スタンド席をぐるっと、グリーンのナミナミとした曲線が
ゆらゆら動いてるのが、曲のイメージにすごく合ってて、
ワタシ的にはすごい気分を盛り上げられましたup

この曲は、後半の単語をいっぱい並べたとこが大好きで、
その中でもとくに、最後の方の
「♪落ちて 咬んで 許して」の言葉たちがすごくお気に入りheart01
たくさん出てくる言葉たちの中で「許して」が一番好きで、
その次が「落ちて」
歌詞として好きだけど、「許して」は歌い方も
ライブで聴くとより一層、叫び感が出てイイですね~confident

「そうだよ」は、聴くとすごくノってきて、気分良く聴けるんだけど、
自分がカラオケで歌うといまひとつ盛り上がらないのは、
やっぱshine吉田美和の威力shineってことでしょうか。


「あはは」の時、イントロでマース
「この曲が、自分が始めて美和ちゃん&まささんと出会った曲だ」
というようなことを言っていました。


ここで、美和ちゃんはステージから消えて、
まささんが
「ドリ・タイムマシーン、ちょっと2004年に寄り道してみましょうか」
ということで、なんと!Kinki-Kidsに楽曲提供した
「ね、がんばるよ。」をライブ初披露sign03

えーーーっsign01きゃーーーっhappy02

と思って大喜びしたんですが、歌うのは美和ちゃんじゃなく
ガッツ&ファジコンのJUON、そして一応まささん
正直、ちょっとガッカリしました。

以前ドリが「堂本兄弟」にゲスト出演した際、
Kinkiとドリのセッションで、美和ちゃんの歌で一部聴くことができ、
もうサイッコーに良かったから、また聴きたいって思ってたから。
でも、今回男性チームで歌ってくれることになったから
逆に、もうきっとこの曲がライブで歌われる機会はないんだろうな…

仕方ないですね、提供しちゃった曲なんだからthink
そう、だから提供しないで美和ちゃんが歌って欲しいんだよね。
それで、それを他の人がカバーしてくれる分には
大歓迎だし、ありがたいし、うれしい。
でも美和ちゃんの歌を聴く機会が減る”楽曲提供”は正直
あまりよろこべないところもある。

最初、Kinkiに提供するって知ったときは、
Kinkiは私も好きだし、
いろんな人にドリの楽曲を聴いてもらえるチャンスだし、
特に剛くんはドリの曲を好きで聴いてくれてるって知ってたから、
すごくうれしかったんだけど、
美和ちゃんの歌で聴けないっていうのは、
ファンとしては結構ツライんだよね~。

ドリ名義でもリリースしてくれれば文句なしなんだけど、
そうはいかないんだよね、きっと。
せめてテレビでフルコーラス歌ってくれないかな。
一度でいいから。
そしたらそれを録画して、延々聴き続けるよ。

でもまだ自分も好きなKinkiで良かった。
(私はジャニーズの中ではKinkiが一番好きなんです)
あんまり好きじゃない人だったら相当キツイよ。
だから、まぁ、ヨシとしないとねwink

で、話を戻すと、まささんは
「20年前、吉田に歌の才能はないって言われたから
今日はタンバリンをやります」

って言ってタンバリンやりながら、ちょっとだけ歌ってました。
「♪君が言う”がんばって”を 捻くれず受け止められる
大きな人でいるよう ばんばるよ」

の部分はソロで熱唱してましたnotes
ココ、一番いいところじゃないですか?
歌詞がとくに。
メロディは私はAメロが好きなんですけどnote

この曲は会場のみんなで歌いましょうということで、大合唱になりました。
私は声が低いので、キーがちょうど良くって、
かなり張り切って大きな声で歌いました。
ドリの曲だと裏声になっちゃうけど、これなら地声でいける!
と思ったらうれしくて、私も熱唱happy01notes
カラオケでもときどき歌ってるし、この曲大好きなんで。


そしてドリ・タイムマシーンは1999年~2006年へ。
まささんが
「2006年って言ったら、アノ曲もあるんだよ!あの、叫ぶ系の…」
と、言って「キャー!」と歓声があがっていました。

今度は向かって左側のステージ埋め込み部分から
ひょいっと美和ちゃんが上がってきて登場。

つくづく思うんだけど、あの下の方からヒュッと上がってくるの、
実際、結構なスピードで上がってると思うんだよね。
(ゆっくりウィーンって上がったんじゃ、あんまカッコ良くないしね)
でもあの装置って人が1人立つ用のせまいスペースで、
柵だとか、つかまる所とかなくて、あのスピードで上がったら
バランスくずしそうだし、怖そうなんだけど…。
ジェットコースター大好きな美和ちゃんなら平気なのかな?
運動神経イイ人は大丈夫なんかな?
あたしだったら絶対ダメだ。
エレベーターでもときどきヤバイもん。
子供の頃なんて、公園のシーソーでさえ、
上がるのはいいけど、下がる時、なんかイヤだった。

そしてスマートに登場した美和ちゃんは、
白い、ノースリーブの、つなぎの衣装になっていました。
たしか白い帽子も被ってたかな。

美和ちゃんを先頭に、シゲさん、ケイタくんと(この2人の順番は覚えてない)
3人で機関車ごっこみたいに、ひじを曲げた腕を回しながら
進んで来ました。
最初は一歩ずつ、マースのかけ声「ド・リ・ド・リ…」に合わせてゆっくり。
客席でもみんなで「ド!リ!ド!リ!…」と声を合わせました。
そしてスピード上げて、花道の方まで出てきました。
そしてメドレーのイントロにつながり…

「なんて恋したんだろ」
「みつばち」
「24/7」
「いつのまに」
「マスカラまつげ」
「やさしいキスをして」
「空を読む」
「何度でも」


「みつばち」では、ブラスセクションのTKCの3人が
イントロのストリングスのキュッキュッというサウンドに合わせて
後ろを向いてお尻のところで手をピュッピュッと動かす踊りをしてたり、
3人で楽しそうで、花道の美和ちゃんから目を離し、
チラチラ見ちゃってましたeye

「24/7」は、最近CDであまり聴いてなくて、
このライブで久しぶりに聴くことになったんだけど、久しぶりに聴くと
「ああ…やっぱいいなぁ。ドリっていい曲いっぱいあるなぁ…」
と思って、改めてまたCD聴きなおしたくなりました。
久しぶりに聴くと、改めて良さを実感すること、よくあるよね。

「マスカラまつげ」は、もう大好きな曲で、
始まったとたん「キャーッheart04」って心の中で叫んじゃうくらい大好きheart01
でも、メドレーだったから、
「え?ここで終わり?」ってかんじのとこで終わっちゃって
ちょっと消化不十分だったけど、でもうれしかったhappy01

「何度でも」はいつもながらの盛り上がりで、
美和ちゃんも力強く歌ってくれ、後半の方でみんなでジャンプしたり、
身も心も盛り上がって、ライヴならではの満足感がありました。
なんていうか、ライブに参加してるぞという実感がわきます。

そして、「何度でも」の最後のとこで、毎回美和ちゃんは
即興で私たちにメッセージを歌ってくれました。
ライブの時にいつも美和ちゃんが、MCで伝えるかわりに
言いたい言葉を歌にのせてくれる、アレです。

アレ、美和ちゃんらしくていいなって、いつも思います。
しゃべるのニガテだから歌うんだって言ってますもんね、いつも。
まさに、そのとおりのことしてるなぁって。
美和ちゃんはMCで思いを伝えようとすると、
「えっと…」がやたら多くて、言いたいことが1行くらいなのに
たどたどしくしゃべって5行分くらいに増えちゃってたりするのに
(そこがカワイイんだけどheart01
歌にのせると、なぜか、あの堂々とした風格。
しゃべると「えっとね…だからね…」とモジモジした感じなのに
同じ言葉を歌にすると、とたんにあの堂々たる姿。あの迫力。
声も大きくなるし、目つきも変わる。
シャイな美和ちゃんから、男前な美和ちゃんに大変身。

個人的にはしゃべってる美和ちゃん大好きで、
歌はCDになってるけど、おしゃべりはCDになってないから(笑)
ライブでたくさん聞きたいけど、
でも、ドリ初心者の皆さんとかには、
歌にのせた美和ちゃんのメッセージを聴いてもらいたいから、
だから、あの文字通り”メッセージソング”の部分は大好きなところです。
ドリカムのライブならでは、だと思うんだ。
もちろん似たようなことしてるアーティストもいると思うけど、
しゃべりとのあの落差があそこまで激しいのはドリくらいかも。

20周年メドレーはこれでおしまい。

ここで、まだもう少し歌っていい?って美和ちゃんが聞くんだけど、
ツアー後半の方とかでは、これもふざけ気味の歌になってて(笑)
「♪みんなまだ行けんの~?歌えんの?踊れんの?叫べるの~?」とか、
「♪みんながまだ、帰りの電車とかバスとか
駐車場の料金とか時間とか大丈夫ならぁ~…」と
まくしたてるように早口で歌って質問したりして、
「♪…そしたらまだもうちょっと歌いたいぃ~」と歌って、
今度は新しめの曲たち。

「CARNAVAL ~すべての戦う人たちへ~」
この曲も大好きだし、なんたってギミ大活躍の曲だから
テンションも上がりますup
この曲のイントロが始まると
「あー!ヤッター!」という気持ちに毎回なり、
一気にテンションが上がって、うれしくて張り切って
「カルナバーール!」って踊ってました♪
あれ、結構テンション上がるし楽しく踊れますよねnotes
両腕をバーンと上げて、動きが大きくて単純だから
シンプルに楽しめて、気楽に参加できて、でも盛り上がる。楽しい♪
そしてまず曲が大好きだしnote
AKSの2人と美和ちゃんとで組み体操みたいなのするとことか
かわいくて大好きheart01

そしてドリファンには人気の高い
「TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT」
私も好きですが、ライブでもっと好きになりました。
やっぱああいう曲は耳だけで聴くより、
ダンスも含めて聴くと、リズムとかビートとかを体で感じられて
あのちょっとゆったりめのリズムに自然と体をあずけて
とっても気持ち良く曲に揺られていられる

この時の美和ちゃんとAKSのダンスもステキでした。
この曲に限らず、いろんな曲のダンス全て良かったです。
あんなふうに美和ちゃんをダンスさせてくれたAKSに感謝です。
もちろん、歌だけでも大変なのに、
あそこまで踊っちゃう美和ちゃんには、尊敬通り越して
今さらながら感心しまくりです。

普通のミュージシャンであそこまで踊る人いないですよね?
安室ちゃんとか、BOAとか、スピードとか、
ダンスを売りにしてる人は別として、
普通にポップスを歌うシンガーソングライターでは、
もっとゆるい振りくらいはしても、あんな踊る人って、
ライブいろいろ行ってるけど、美和ちゃん以外見たことないです。
だいたい年齢だって、20代とかならまだしも。
やっぱすごいわ、みー様。

あと、この曲のときのあずみちゃんのノリも好きでした。
だから結構この曲聴くと、あずみちゃんも映像でうかんじゃう。
やっぱり美和ちゃんとAKSは、しっかりとしたダンスをしてるから、
気持ちよくリズムに身を任せてっていう動きはあずみちゃん系。
なので、あずみちゃん見てると、同じ目線でノってきて気持ちいいんです。

そしてついに、本編ラストの曲。
「TRUE, BABY, TRUE」
まささんの大好きな曲ですよね。

これは花道のところで歌ってくれるんだけど、
途中、花道の先端の一部分が上に上がって行き、
側面に赤く大きく「DO YOU DREAMS COME TRUE?」と
書かれた文字が出てきました。

この曲を歌う時の美和ちゃん、これまで以上に全力で歌ってるからか、
なぜがいつも最後になって声がちょっとかすれ気味のところが。
これまではそんなことないのに、なぜかこの曲になると。
別に高い声が出ないとかじゃなく、声を使いすぎたようなかすれ方。
この曲になると力みすぎちゃうのかな?
歌い終わった後、毎回、目がすわってるもん。
最後の曲だと思うから、残ってるパワー全部出しきっちゃうのかな。

でもちょっとかわいい振りもあって、
「♪ワンハンドレッド(100%)…」のところで、
美和ちゃんがまっすぐ立って、片腕をてっぺんにまっすぐ伸ばして
AKS2人がとなりに並んで、それぞれ頭の上で腕で大きく○を作って、
3人並んで「1・0・0」の形になって「100(%)」の字を作ってたのが
可愛かったですheart01

これで本編は終わりなんだけど、正直、本編の終わりがわかりにくい。
なんか、「あれ?もしかして終わり?”ありがとう”とか言ってるし…」
って感じで、イマイチよくわからない。
最後の曲の前に「これがラストの曲」とかって言ってくれたほうが、
最後だ!って思ってみんな思い残さないよう盛り上がれるし、
ラストスパート的に思いっきりテンション高くいけるし、
もうちょっと分かりやすくしてくれた方がいいと思うんだけど…。

もちろん、そうは言ってもアンコールがあるんだけど。

アンコールを待ってる間、ウェーブも一応やり出すんだけど、
今回のツアーではイマイチうまくいかなかった。
いつだっけ?D15ツアーかTLRツアーあたりは
結構うまく行って、スタンド席回りきったら最後アリーナに移行して
すっごいキレイに大迫力で出来たことあったけど、
最近のツアーではイマイチうまくいかないですよね。
客層とか年齢層さらに広がったからなのかなぁ?
まあ、別に余分なことだからいいんだけど、そういうのもうまくいくと
より一層ライブも楽しめるし、いいのにね。

でも今回、代々木の時、アリーナ後方に
一段高く設置されたブロックがあって、そこの席の人達は
アンコールの拍手とともに足踏みでダンダンダンダンと鳴らしていて、
すんごい迫力っていうか、テンションあおられる感じで
すごい良かった。
アンコールで出てくる前にドリもステージそでで聞いててくれて
美和ちゃんもすごく気に入ってくれて、
「初めて聞いたー!」ってうれしそうにはしゃいでました。

アンコールは「大阪LOVER」からスタート。
大阪と代々木以外では、ご当地バージョンで歌ってくれました
でも、さんざん各地でいろんな方言バージョンを歌ってきて
オリジナルが分からなくなってしまったのか、
ツアー終わりごろの代々木でオリジナルバージョンを歌うとき、
「催促して”しもたやないの”」の部分、ちょっと違って歌ってましたよ。
代々木2日間参加したけど、2日とも、
譜割り一文字ずれてたというか、一文字足りないというか。
たぶん「しもたやないの」が「しもうたやない」になってたと思う。
いろいろバージョン変えすぎて、こんがらがっちゃったのね(笑)
私は初ライブの時からずっとライブセットリストMD作って
ライブのセットリスト順に毎日車で聴いてるから
いろんなバージョン聴いても、オリジナルはそれ以上に聴いてるから
間違えないけど、美和ちゃんは全国あるし、大変ね(笑)

そしてアンコール2曲目は
「MIDDLE OF NOWHERE」PanasonicのCMソング。
この曲も大好きなんだなぁー。
月曜・夜8時。よくテレビから聞こえてきます。
突然聞こえてくるから、いまだに毎回のように
「ああっ!?」と反応してしまう。
すごいカッコイイ曲ですよね~。
これも、なんでカップリングになっちゃったんだろ?
もったいない!

で、この曲ではスゴイことが起こるんですsign03
本編最後でも花道の先端の方が上に上がったんですが、
「MIDDLE OF NOWHERE」でも、同じように上に上がるんですが、
2コーラス目に突入するところで、それが上がったままの状態で
そのままアリーナ後方に移動してくるんですsign03

見てない人はイメージわかないと思うんですが、
長さ何メートルもある花道の一部が、
客席の真上を、つまりみんなの頭の上を通過して、
アリーナ後方までやって来るんです。

だから、今までみたいに
「このスペースが不自然に空いてるから、
ココにサブステージができるのかも…heart04
なんて期待するようなスペースはなかったのに、
花道の一部が頭の上を通って、PAエリアの真上まで来て止まるんです。
つまり、お客さんの真上では止まらないから、
下にもぐったままになってしまう人はいないわけです。
PAさん達の上で止まって、歌って、しゃべって、また歌って。

これには感激しました!えええーーっhappy02てビックリですよsign03
後ろの方の人はもう大喜びhappy02up
高さもついてるから、スタンドからも近いし。
今まで見下ろしてたスタンドの前の方の列の人は、
同じ目線くらいになったり。

「20年分のお礼が言いたくて、ここまでくい込んで来ちゃったhappy01
って美和ちゃんが言ってました。
そこでまた、すごくジーンとくる話を、心を込めてしてくれるんだぁ。
どこの会場もだいたい同じような意味合いのメッセージだけど、
その時その時の言葉で、ちゃんと一生懸命、真剣に
心を込めて話してくれました。
ホントに美和ちゃんの言葉が、気持ちが、心に沁み込んできました。

ある会場では、こんな感じの表現でした。
「みんなもきっといろいろあると思うし、私もいろいろあって、
前に進めなくなっちゃって、後ろに後ずさりしちゃったこともあるけど、
でも、こうして一歩一歩、1曲1曲歌っていくことしかできないなって。
…だからさ、みんなもいろいろあっても、これからも
一日一日を一緒に生きてこうぜ。」って。
”一緒に生きてこう”だって。
あたし、生きるのがツラくなることがあったら、
この言葉を思い出して、
「私は今、美和ちゃんと一緒に生きてるんだ」って思っていくよ。
この言葉を聞けて良かった。
たくさんの人が私と同じように、美和ちゃんの言葉に力をもらって
今後の人生のパワーにしてくれるといいな…。
なんとなくドリカムのライブに来てみた人とかも、みんな、ね。

そして最後に、「この曲、今歌うと、泣けちゃうな~」と言いながらも
「またね」を涙をこらえ、時には言葉に詰まりながら、声を震わせながら、
それでも一生懸命に思いを込めて歌い届けてくれました。

ツアー最後の方では私も「またねー!またねー!」と何度も
大きく手を振りながら、今ツアー最後のドリを
しっかり目にやきつけました。
「またね」の途中から移動ステージはまた上がって戻っていきました。
メインステージで最後にメンバー紹介をし、
恒例の「よしだみわ」コールをみんなで力いっぱい叫びました。
最後にドリの2人は、来た時のゴンドラに乗って
ステージの上の方に上がり、出てきた時と同じ場所に帰っていきました。
最後は美和ちゃんとまささん、2人ギュッと強く抱きあいながら、
ゴンドラごと、奥に消えて行きました。

最後、強く抱き合った2人の姿が、幸せな気持ちになりました。

これからも、2人でなかよくドリしつづけてね…

またね…


  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


 DREAMS COME TRUE コンサートツアー2009
         ”ドリしてます?” 
 
           
セットリスト



「OPEN SESAME」


「a song for you ~opening theme of dydct?~」

MERRY-LIFE-GOES-ROUND」
「あぁもう!」
「サヨナラメーター/タメイキカウンター」
「大っきらい でもありがと」
「アピール」
「ALMOST HOME」


 ★1989年~1992年メドレー★
「あなたに会いたくて」
「STILL」
「うれしい!たのしい!大好き!」
「MEDICENE」
「笑顔の行方」
「今度は虹を見に行こう」
「Eyes to me」
「愛しのハピィデイズ」
「眼鏡越しの空」
「決戦は金曜日」


「Ogun」 (by大儀見元)


 ★1993年~1997年メドレー★
「go for it!」
「いろんな気持ち」
「琥珀の月」
「サンキュ.」
「ROMANCE」
「しあわせなからだ」
「そうだよ」
「あはは」


「ね、がんばるよ。」 (GATZ+JUON+まささん)


 ★1999年~2006年メドレー★
「なんて恋したんだろ」
「みつばち」
「24/7」
「いつのまに」
「マスカラまつげ」
「やさしいキスをして」
「空を読む」
「何度でも」


「CARNAVAL ~すべての戦う人たちへ~」
「TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT」
「TRUE, BABY, TRUE」



 ★アンコール★
「大阪LOVER」(神戸公演では新曲「その先へ」)
「MIDDLE OF NOWHERE」
「またね」



  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


   会場限定Tシャツ
(文字ロゴの色・ご当地イラスト)



大阪  黒・タコ 

静岡  黄色・湯飲み(お茶)

仙台  薄いピンク・伊達政宗

徳島  濃いピンク・たぬき

名古屋 金色・シャチホコ

新潟  オレンジ(黄土色?)・稲穂

広島  緑(黄緑)・鳩とクローバー

福岡  チャコールグレー・ラーメン

埼玉  赤・サッカーボール

名古屋 ラベンダー(ピンクがかった紫)・名古屋城

大阪  紫・たこ焼き

札幌(北海道) 緑・牛

代々木(東京) 濃紺(濃紫?)・東京タワー

沖縄  ブルー・シーサー

神戸  シルバー・船

| | コメント (2)
|

2009年8月 2日 (日)

まささん、なんで今日が誕生日って知ってんの!?

今日はうちの親の誕生日birthday

おめでとメールlovelettermobilephoneを送った後 携帯でドリブログをチェックすると

「HAPPY HAPPY BIRTHDAY!!」とな!

えっ!? まささんがなんで誕生日知ってんの?

って一瞬思っちゃった☆

…んなわけない!(ファンピーの「雪よ!…」風に)

東MAXの舞台のことだったんですねflair

”ドリマニアならうけること間違いなしのビックリ出し物”
ってのが超気になるけど、今日までだったのね…残念(´Д`)


ところで最近、ブログさぼり気味だけど
やっと今頃ライブレポ書いてるのデス。

夜 少しずつ書いてるんだけど やっと半分書き終わったとこ。

ツアーも全部終わっちゃって
今頃書いても、誰も読みたがらないと言われそうですが
自分のための記録と、
あとは これからファンになる人が
過去のライブはどんなかな?って調べたりするかもしれないじゃない?

あたしも自分がファンになる前のこととか いろいろわかるとうれしいもん!

でも今日は、ドリブログのタイトルに反応して寄り道しちゃいました☆

てことで、またライブレポ執筆に戻りますφ(.. )

| | コメント (0)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »