« 今、AKSと同じ電車に乗ってますっっ!!! | トップページ | 鳥越さん12月スケジュール出ました! »

2010年11月12日 (金)

POCARI SWEAT 30th SPECIAL LIVE ドリ×ポカリ~イキイキ!~

DREAMS COME TRUEとポカリスエットのコラボライブ
10月2日からツアースタートしましたnotes
私は早速、初日の大阪城ホールからすでに6回参加して来ましたnote

10月2日  大阪城ホール(PPリザーブ公演)
10月6日  名古屋・日本ガイシホール(PPリザーブ公演)
10月7日  名古屋・日本ガイシホール
10月13日 大阪城ホール
10月14日 大阪城ホール
11月3日  三重県営サンアリーナ


でも、10月から仕事が異動になり、引き継ぎやらいろいろ忙しくて
毎晩遅くまで仕事で、家に帰ってきても仕事、
そしてライブの日も直前まで仕事して出かける始末…sweat02
だからずっとライブレポ書けませんでしたsad
っていうか、ブログ自体全然書けなくて…weep

ホントはライブの感想は1回1回書いておかないと、
いつの分のエピソードか、ごちゃまぜになって分からなくなっちゃうって
前回のツアーで実感したから、その都度書こうと思ってたけど、
仕方ないのでまた総合レポとして書こうと思います。

あ、思いっきりネタバレしますので、これから参加の方は
これ以降ご注意ください。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
ドリ×ポカリライブツアー初日@大阪城ホール
初日、10月2日(土) 大阪城ホール

10月2日はファンクラブのリザーブライブ。
とはいえ、同伴者はそうでない人もいるし、
ポカリスエットのキャンペーンで当選して来た一般の人もいるから、
まあ、通常よりPP率が高いという程度でしょうか。


外のグッズ売り場の近くには、こんなパネルが。
ドリ×ポカリライブツアー初日@大阪城ホール

これ、どの程度の大きさかというと、
左に見えるポカリスエットの横に立つと、女性の頭の位置が
青いラベルくらいの高さになります。
つまり、よほど大きな男性より、さらにノッポなポカリスエットです。
みんな写真とりまくってましたcamerashine


グッズはTシャツと携帯ストラップを購入しようと思ってましたが、
初日はミワモンTシャツのS、Mサイズは売り切れていて
とりあえずストラップだけ購入し、
Tシャツは名古屋の2日目で購入しました。
やはり初日とかPPリザーブ公演は
グッズも購入する熱心なファンが多いもんね。
P1070858

P1070861

P1070860


そして会場の入場口で、ポカリスエットのブルーのバンダナが
全員に配られました。
これを頭に巻いて、みんなでライブを盛り上げようと。
P1070857

広げるとこんなかんじ
P1070865

真ん中で折って、三角にすると、
ミワモンまたはマサモンが額のあたりに見えます。
写真はミワモン↓
P1070866

ちなみに、6回参加してる私は、このバンダナは6枚あります。
でも毎回使ってるのは初日の分を使いまわしてるから、他の5枚は新品shine
これ、どうしましょうか?
お弁当包むのに使うとか、テーブルクロスとか?
今回のライブに行けなかった人にでも分けてあげたいねぇ。


そして、ロビーには携帯でピッとすると
オリジナル待ち受けや着メロがもらえるという機械が置いてあり、
私もピッとやってきました。

それから、この日はツアー初日ということもあり、
いくつかお花が届いている中、あのヨヨヨからのもcatfacenote
ちゃ~んと「ファンの皆様」っていつも書いてくれてますねwink
ドリ×ポカリライブツアー初日@大阪城ホール

他に、レコード会社や電力会社からも届いていました。
10月13、14日には、未知やすえさんからも届いていました!
あの時は「なんでだろ?」と思ってたけど、
先日の大阪のファンミーティングの様子を裏イヂで見て
なるほど…と納得しました。


客席に入ると、場内はいつものところにメインステージがあり、
その両脇に、少し客席に近づく小さな延長ステージがありました。
アリーナ中央に伸びる花道などはありませんでした。
ステージセットもシンプルで、ポカリスエットのマークがあるくらいでした。

大阪城ホールでのアリーナの座席は、
縦が58列あり、横はだいたい60席くらいあるように見えました。
(縦はちゃんと確認しましたが、横はざっと数えた程度です)
名古屋のガイシホールでは縦53列、横76列でした。

スタンド席は、城ホールではA~Nブロックまである中、
西側(Kブロック側)がステージになるので
I~Mブロックがステージ側の客席のない部分になります。
Nブロックがステージ向かって左端のステージに近い位置、
Dブロックが正面の距離的には一番ステージから遠い位置、
Hブロックが向かって右側のステージに近い位置です。

ガイシホールは東側(Mブロック側)がステージになります。
正面のステージから一番遠いのがEブロック、
向かって左隅がJ、右がPブロックです。
A~Pブロックまでなので、1周まわってPの隣がAブロックです。
Sブロックも一応ありますが、ここはたぶん、いわゆるS席みたいな
ボックス席というか、たいてい関係者席になる所だと思います。


初日の大阪では、18:00開演予定を10分過ぎて始まりました。
しかし、ドリではなくファジコンのオープニングアクトです。
これまでは開場から開演までにオープニングアクトをやってたけど、
今回は正式に開演してからファジコンの演奏が始まりました。
確か3曲。初日の大阪と、その後の名古屋以降では選曲が違っていました。

初日の曲は何だったのかあんまり記憶にないというか、
よく知らない曲だったような気がしますが
名古屋以降では「あ・あ・あいやいや・あ・あ!」と
ドリのカバー曲である「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」、
そして「latest」の3曲でした。
初日の様子を見て、急遽選曲を変えたのかな?

時間にしてMC込みで20分程度でした。
なので実質ドリのライブが始まったのは
開演予定時刻から30分後の18:30頃でした。


ファジコンのライブが終わると、
「生きてゆくのですheart01」のMVがスクリーンに流れました。
その5分くらいの間に、ドリのステージが準備され、
ドラムセットなどの交換(ファジコン用からドリ用に)が終わって
ステージが一旦暗くなりました。

ライトがついた時には、ドリの2人がステージ中央に!
1曲目は「よろこびのうた」
美和ちゃんの力強い歌声が響きわたります。

確か98年の「SING OR DIE」ツアーもこの曲から始まったんじゃなかった?
このツアーは1回しか行ってないけど、
私が参加したのは大阪フェスティバルホールでした。
民族衣装みたいなのを着てくるくる回る美和ちゃんを思い出します。
今回は襟元にぐるっと模様のある、シルバーのゆったりした衣装で
ボトムも同色の、一見ミニスカートに見えるけど、
たぶんあそこまで短い丈は、中がホットパンツかな、という感じのもの。
それに薄茶色っぽいフサフサしたブーツでした。

…やっぱり美和ちゃん、カワイイなぁlovely

大阪初日、めずらしく美和ちゃんは泣いていませんでした。
たいていオープニング1曲目はうるうる来ちゃうのにね。
その後の名古屋も泣いてなかったなぁ。
大阪の最終日14日あたりは、始まって早々
「もう最後だと思うと淋しい」って、じんわり来てたけど。

1曲目終わった後のMCで、
「今日は普段あまりライブでやらないようなレアな選曲でいく」と宣言。
そう、確かにそうだった。
ウラワンっぽい選曲だった。
いわゆるワンダーランドで毎回歌ってるような曲は
1曲を除いてほとんど歌わなかった。
シングル曲も少なかったかなぁ。
でも、ファンにとっては、シングルとかそうでないとか、
あんまり関係ないんだよね。
自分の好きな曲かどうかだから。

無理だと思ってたけど、やっぱり私の大好きな
「わすれものばんちょう」は歌ってくれませんでしたsweat02
あとは次のウラワンか、デビュー30周年記念くらいか…。
もぉ~、一生ライブで歌わないつもりなのかしらangry
作っておいてライブで歌わないなんて、
私的にはあり得ないんだから!

いつもの冒頭の美和ちゃんのセリフ「幸せにしちゃるかんねwinkheart04」は、
今回は「今日もみんなをイキイキさせちゃるかんねwinkheart04」と言ってました。
まささんは「大塚製薬担当です。」と言って、
ポカリスエット広報担当のようになっていました。
「ちょっと失礼…」と言って、これ見よがしにポカリを飲んで
「あーうまい!」と言ってみたり、
ある時はくるっと振り向きカメラ目線で
「イキイキ!」と言ってCMみたいなことしてみたり。

今回はまささんがいっぱいしゃべってました。

2曲目は「たかが恋や愛」
この曲いいよね~note ていうか、このアルバム全体的に好きheart01
でも「DELECIOUS」発売の年は、ワンダーランドで
アルバムツアーやらなかったんだよね、あんないいアルバムなのに。

3曲目が私の大好きな「DA DIDDLY DEET DEE」notes
これはねぇ、だぁいすきなのよね~heart04詞もメロディも可愛くてtulip
今、うちの職場にはアンセリウムが3鉢あるんだぁnote
ちょっと残念だったのが、ショートバージョンにされてて
最初のAメロが一部省略されちゃってたこと。
でもサビのあの振り付け、一緒にやって楽しかったnotes
今回のツアーのテーマでもある「イキイキさせる」に沿って、
心も体もイキイキさせるために、
いろんな曲をみんなで振り付けマネして踊ったんです。
「DA…」は、93年のツアーで最初にお披露目された時と同じフリで
すごく懐かしく感じました。
今回以前のライブでも歌ったことあったし、その時やってたと思うけど、
改めて自分が思いっきり踊ることはなかったので。

「花曇りの日曜日」では、「ドリー・ザ・ブートキャンプ」と言って
meemee隊長をお手本に客席みんなで踊りました。


その後は曲順は覚えてないけど、思い出すまま書いていくと、
ここらで一度クールダウンして、そっから一気にイキイキさせるんだと言って
ちょっとせつない曲や悲しい曲になりました。
「哀愁のGIジョー」は久しぶりに聴きました。
AKSの1人、INO-D(?)がGIジョーに扮してロボットダンスっぽく踊っていました。
10月13日大阪以降は、まささんが「引っ越しのうた」という
ザックリとした曲紹介をしてて、美和ちゃんに「引っ越しのうたって…coldsweats01」と
呆れられていました。
「引っ越し」って、そこだけとりあげなくても…ねぇ。

ただちょっとこの曲は、毎回美和ちゃんの声がちょっと変になるとこがあって、
それがどうも気になりました。

あとは「週に一度の恋人」
ファンの中では有名なエピソードですが、
こちらは、まささんが美和ちゃんと出会った頃、
帰りの地下鉄の中でデモテープ聞かせる代わりに
電車の中でアカペラで歌って聴かせ、まささんをノックアウトさせた曲です。
「うれしはずかし朝帰り」と2曲を歌ったんだけど、
まささんには特にこの曲が決めてだったらしいです。
この歌を聴いてドリカム結成を決心したんだとか。

それから「雨の終わる場所」
これは、まささんが相当好きな曲らしいです。
当時、誰かが雑誌でこの曲について
「吉田美和はタイトルを考える天才だ」って言ってました。

この曲には私の中で毎回決まった映像が流れます。
雨で曇って薄暗い中、結構たくさん降ってる雨の中を走る車。
黒いワイパーが左右にずっと揺れてて、
その隙間をうめるように雨粒がどんどん窓を打ってきて、
それでも車はぐんぐん進んで行き、
車内は無口で、雨の音で決して静かではないけど重くて暗い空気。
そんな映像がいつも流れます。
車内にいる人物は映らず、車内から窓越しに見る
ワイパーと雨しか見えないんですけど。



途中、衣装変えのときGATZこと中澤さんが歌う場面があったんですが、
その2曲目の時、後ろからAKSも含めバックダンサーが現れ、
そのうちの1人が髪の長い女の人で、
私はてっきりファジコンのSATOKOさんだと思ってたんです。
「意外とSATOKOさんて踊れるんだ…スゴイじゃん!」と思ってたら、
終わってからそれが美和ちゃんだったと分かったんです。
「シマッタ!もっとちゃんと見ておくんだった…!」

そうそう、今はアー写のようなヘアスタイルですが、
大阪初日の時はまだ長いままだったんです。

2度目のライブからはしっかり見るようにしてみたら、
美和ちゃん、すんごく楽しそうにニコニコで踊ってんのhappy01
しかも自分達のグループ名を「デブザイル」だと(笑)。
さらに中澤さんについては、美和ちゃんが
「ボーカルのフトシです(アツシじゃなくて)」と紹介。
おまけに「(タカヒロじゃなく)幅広(ハバヒロ)ってやつを加えようと思ってます」
なんて、まささんに言ってふざけてました。

衣装変えしたものは、白いスーツで、
背中が真ん中でAライン左右に割けているものでした。


今回は最初に宣言されたとおり、
普段のライブではあまり聴かない曲が多かったです。
来年がワンダーランドだから、それくらいでちょうどいいかもね。
結構意外な選曲でした。

2004年のNHK合唱コンクールの課題曲だった「未来を旅するハーモニー」
最初アカペラから入り、その後ピアノ伴奏がついて。
これもカラオケでよく歌います。
最初は子供達の合唱で聴いていたので、美和ちゃんの声で歌われたものが
シングルのカップリングになって初めて聴いた時、
あの優しい歌声に「ほわーっ」となりました。
発売日には仕事のお昼休みにCD屋さんに買いに行き、
休憩時間にウォークマンで初めて聴いた時のこと、よく覚えています。
思わず「ふぁぁ~…」と声がもれましたもん。

ニーヒャが作曲した数少ない曲の1つである「今日この佳き日」も。
この曲も不思議なテンションなんですよね。
おめでたい日の曲なんだけど、なんかテンション低めのメロディで。

ニハ作曲の中で一番好きなのは「思い出は胸に秘めたまま」
カラオケでもときどき歌います。
しっとりとしたメロディがとても良くて、
美和ちゃんの歌声がとてもきれいに聴こえる。
伸ばす音の部分がすごく伸びやかな声でお気に入りなんですwink
音の高低も頻繁に変化して、その変化する際の歌声がまたいいnote
これもまた歌ってほしいな~confident

大好きだからうれしかったのが「行きたいのはMOUNTAIN MOUNTAIN」
このふざけたタイトルも美和ちゃんらしいけど、
当時大好きな曲でした。メロディもジャズ風なアレンジも。
今回は髪を束ねて白いハットを被って踊りながら歌ってくれました。

まささん曰く、美和ちゃんからイキイキBABYSへ対する気持ちだと
「スキスキスーheart01を歌ってくれました。
これもサビの振り付けを一緒にやりましたnotes

この曲は最初アルバムで聴いた時にはそれほど好きではなかったんですが、
アルバムツアーで美和ちゃんが満面の笑みでうれしそうに
「♪スキスキスー」を振り付きで歌ってるのを見て、
その様子が可愛らしくて、曲そのものまで可愛らしい曲に思えてきて
それからなんだか好きになりました。
私の中では、CDで聴いていてもあの時の美和ちゃんの満面の笑顔が
頭に浮かんできます。

曲のラストにAKSと美和ちゃんの4人で
1つの大きなハート型を作って見せてくれたのには
場内から歓声が上がり、私も初めて見たとき「うわぁheart01」と喜びました。

そして本編ラストの曲、「生きてゆくのですheart01
入場時に配られたバンダナを巻いている客席を
まささんがチェックし「ミワモンが8割くらい」と言っていました。
かくいう私もミワモンでした。ごめんね。

ここでもみんなで振り付け(表情つき!)をやったり
最後の「♪ラー ララララー ララララー ララララー」を合唱したりしました。
振り付けはSHIGEさんが教えてくれたんですが、
踊ってる時は堂々としてるのに、話すと妙にシャイなSHIGEさん、
とくにツアー前半はすごく緊張しながらしゃべってました。
後半はだいぶ慣れて来た様子。
腕を回して…など説明してる横で、美和ちゃんは
腕をぶんぶん回しながら、わざとまささんにぶつけて
何度もまささんを殴ってました(笑)

しかも今回は振りだけじゃなく表情もつける!
「すっぱい顔をして」という指示が。
これって考えたの絶対美和ちゃんだよね(笑)。
で、表情の見本だけ美和ちゃんがやってくれて、
スクリーンにアップで映りました。
目をギュッと閉じて口を尖らせて小刻みにうなずくんですが、
これがまたどうしてそんなに可愛くいられるのってくらい
美和ちゃんの表情が可愛いんですheart01
会場から「かわいい~heart04」って声が飛び交ってましたが、
ホントにかわいかった!
なんで?あたしだったら絶対ブスになってる。
ほんっとにカワイイんだもの。なんであんなにかわいいんだろ?

あと、個人的に可愛くて気に入ったのが、
「♪あーおい空見ている…」のところで、
美和ちゃんがちょっと後ろ寄りに高く飛び上がって
そのまま高い位置で、後ろからINO-Dが腕を回して
美和ちゃんを抱えるっていう振りが、なんか可愛らしくてお気に入りでした。

最後のみんなで「♪ラー ララララ…」のところになると
直径80センチくらい(?)のシャーレみたいな容器に
水が入ったものが3つくらい用意され、
そこに美和ちゃんやAKSがそれぞれ入って
激しく足踏みしてステージに水をまき散らしていました。
それの前に後ろのキーボードやドラムなどは透明なビニールで保護していましたが
まささんはすぐ横でベース弾いてたのでびしょ濡れ。
楽器大丈夫なのかしら?

この曲のとき、「最後の曲です」とか言わないから、
本編の終わりがイマイチわかりにくかったです。
アンコールがある前提だから、ステージから去っていくのも
あっさりしてるから余計わかりにくいし。
もっと本編ラストってことをアピールした方が盛り上がると思うな~。
今回はとくにわかりにくかった。
しかも最近長いライブばっかりだったから短く感じて
「え?まさか、もう終わり?」ってかんじだった。


一旦ステージが暗くなった後、スタッフが総出で
ステージの撒き散らされた水を拭こうと雑巾がけしていました。
初日は個々に雑巾かけてたけど、いつからか
みんなで一列に並んで一斉に雑巾がけして会場の笑いを誘ってましたhappy01

アンコールを待つ間、いつものようにウェーブが始まりましたが
なかなか流れていく順番のルールがお互いに分からず
うまくいきませんでした。
私が参加した中では、唯一、三重県営サンアリーナで
うまいこと続いていきました。


アンコールで登場した美和ちゃんは、髪を束ねていて、
ベージュのトレンチコートみたいなのを着て
下の方からわずかにグリーンと黒のスカートの裾が見えていました。
足元はブーツでした。
まささんはツアーTシャツに例のバンダナを頭に巻いていました。
美和ちゃんはたぶんツアー途中まではバンダナをつけていなかったと思うけど、
三重のときは手首に巻いていました。

そしてアンコール1曲目が「ねぇ」
なるほどね、だからその衣装か。そんなイメージだよね。
スクリーンには美和ちゃんがアップで映し出されて
私は美和ちゃんの顔を見ながらじっと聴いていました。
こういう曲って、美和ちゃんの歌の魅力を存分に発揮するなぁ。
歌い上げ系バラード、こういうのをぜひみんなにライブで聴いてもらいたい。
でもこの曲の歌詞を、つい美和ちゃん自身のことと
重ね合わせて考えちゃったりして。
ツアー途中から、この曲のラストの方で毎回美和ちゃんが泣いちゃうようになり
「みんなの顔見てたらうれしくなって…」って言ってたけど、
それだけじゃないような気も…。

そしてここで様々な発表が。
初日の大阪がホントに初公開で
1.ニューアルバムの発売(タイトルと時期)
2.WINTER FANTASIAでNEWアルバムの曲を全曲やること
3.WONDERLAND2011夏に開催決定

という発表がなされました。

WFでラブセン(NEWアルバム)の曲全部やるなんて、
もっと早く言ってくれたらWFもう1公演申し込んだのに。
ドリ以外の人がいっぱい出るからドリの持ち時間短そうだから
今回は1回でいいやって思って1公演しか申し込まなかったんだよね。
1回くらいはドリ以外の人も聴いていられるけど、
2度3度、他の人を1時間とか聞いてるのはちょっとツライんだよね
まだ座ってられたらいいんだけど、立つことになると疲れちゃう。
PPでの先行予約はもう終わった後だったから、
その後のモバイル会員先行で慌ててもう1公演とったよ。
やっぱ初披露の曲は1公演だけだと記憶に残しづらいから。

そしてアンコール2曲目にして最後の曲は
「うれしい!たのしい!大好き!」
んん~…ここまで来たら、いっそ最後まで
定番曲なしで突き通してほしかったけどね。

でも、初ドリだった人はきっともっと定番曲を期待してただろうね。
私も1回は友達連れだったから大丈夫だったかな?
私がカラオケでいつも歌ってるから聞きなれてるかもしれないけど。
私もドリ以外の人のライブに軽い気持ちで行くときは
有名どころの曲をたくさんやってくれると嬉しいもんね。
アルバム全部聴いてるくらいのアーティストだと、
逆に「またその曲ぅ?」って飽きちゃうけど。


帰りに出口でポカリスエットを1本ずつ配ってくれました。
最初、ポカリもらえるかもって思ってたけど、
入場する時にくれなかったから、ないのかと思って会場で買っちゃったよcoldsweats01
しかも2本買うともらえるオマケにつられて4本も買っちゃって、
帰りは5本のポカリをお持ち帰り状態sweat01
2.5キロですからね…wobbly


今回、参加した公演を開演時刻から終演時刻まで計ってたんですが、
早い時は実際の開演(ファジコンスタート)からアンコール終了まで2時間25分。
長い時で2時間50分くらいでした。
MCも少なめの日と多めの日とあったのでそれでだいぶ違いそうです。


なにはともあれ、人事異動でライブの日が休めるか不安だったけど、
無事全部参加できて良かったーclover
残りのツアーも頑張ってね~paper

|
|

« 今、AKSと同じ電車に乗ってますっっ!!! | トップページ | 鳥越さん12月スケジュール出ました! »

♪♪ドリカム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、AKSと同じ電車に乗ってますっっ!!! | トップページ | 鳥越さん12月スケジュール出ました! »