« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

うちわでパタパタパタ…

うちわでパタパタパタ…

3あおぎしたら

バキッ といって

柄を残して 上の部分が飛んでった( ̄▽ ̄;)


節電しようと思ったのにっ!(−_−メ)


まあ100円ショップで買ったものだし…

2007年のワンダーランド@国立競技場(屋外ライヴ)用に買ったから

ほとんど使ってないとはいえ 4年前だしね…

まあ仕方ない。


でもなんか ワンダーランド前に縁起悪いなぁ(-.-;)

美和ちゃん、まささん、大丈夫〜?

準備は順調〜?

| | コメント (2)
|

2011年6月25日 (土)

鳥山雄司featuring溝口肇@銀座ヤマハホール

私にとって奇跡のコラボsign01 夢の共演shine

でも、鳥山さんと溝口さんのことではないんです…
もちろん、それも素晴らしい!
でも、私にとっては…

このコンサート、タイトルに名前のある2人以外に、
もう2人ゲストミュージシャンがいるのです。
その2人こそが、私にとっての夢の共演の人物shine

ベース:鳥越啓介
パーカッション:大儀見元


そう、私の好きな2人が同じステージにhappy01
結構めずらしいんです。
菊池成孔さんペペ・トルメント・アスカラール
2人は共演してるけど、私が知ってるのはそのくらいで。

今回のライブは、3月に大儀見さんのスケジュールをチェックしてて
そこに「鳥越啓介」の文字があってビックリsign03
いろいろ条件的に行きやすいライブではなかったし、
メインは鳥山さんと溝口さんで、他の2人はあまり活躍場面がなさそうなら
リスク背負って行ってもなぁ…と迷ってました。

その頃、別のライブの時に鳥越さんにどんな感じになりそうか聞いてみると、
それでも今回は4人だからそれなりには…ということで
とりあえず検討してみることに。

その頃、仕事の担当が変わりそうな予感もあって
休みとれるかも分からなかったので
早まってチケットとらないように一時保留にしてました。

そして、吟味を重ね、休みもなんとかとれそうになり、
職場の人にも「待ってた夢の共演じゃないですか!」と背中を押され、
思い切って行ってみることにgood


余談ですが、私には、勝手な「夢の共演ピアノトリオ」があって
それは

ピアノ:上原ひろみ
ベース:鳥越啓介
パーカッション:大儀見元

というものheart01
(音楽ジャンルに統一感ないけど、それはさておき)

あとギターもあってもいいよね。
ギター:David T. Walker

なんなら、これにゲストボーカルで美和ちゃん入ったりなんかしたら
もう、たまりませんheart01
ボーカル:吉田美和

ちょっと無茶?ていうか、どんなジャンル?
でも見事に私の好きな人達は楽器がかぶってないので共演可能なんですnotes
ただ、あんまり好きな人ばかりでも誰を見ていいか困るので
(というか美和ちゃんがいたら美和ちゃんばっか見ちゃうと思うし)
夢の共演も見るのが大変そう…sweat01


まあ、そんな夢の話はさておき、
仕事が休めるかどうかが分かってからチケットとったので
席は2階席になってしまいました。
2階でも前の方だからいいか、と思ってたら、
意外にあのホールは2階席の位置が高い!
もうちょっと低くしてもいいんじゃない?
そんなに大きなホールじゃないのに結構見下ろす感じでした。
パーカッションは上から見たほうが叩いてる様子がよく見えるけどね。
でもなんかミュージシャンからだいぶ遠い感じでちょっとサミシイsweat02
そんな中、ギターの鳥山さんはよく2階席の方に目をやってくれていました。

前半は鳥山さんと溝口さん2人での演奏。

今回、私の大好きな、
バッハの無伴奏チェロ組曲第一番・プレリュードを弾いてくれたんですが、
溝口さんのアンジェラ(チェロ)の演奏ももちろん良かったけど
ギターであの旋律を聴くのは初めてで新鮮でした。
そしてすごく良かった!
ああ、ギターも弦楽器なんだなぁって感じ。
美しかったですshine
欲を言えば…鳥越さんのベースでもこの曲聴きたかったぁ~happy02
3ヶ月前のベースソロライブでやってくれたけど、また聴きたーいnote

第1部の終わりの方で、まずは大儀見さん登場shine
「あぁぁっ…やっぱカッコイイ~lovely」と心の中で叫ぶ。
久しぶりに見る、生ギミ(大儀見さん)heart01
思わず前のめりにっeye
んん~カッコイイ…confident

「怖そうに見えるけどとってもいい人です」と紹介されていました(笑)
溝口さんが、初めて仕事で一緒になった時の印象を話してくれたんですが
「最初見たときは怖かった~sweat01
すごい人が来ちゃったなって、どうしようかと思った」だって(笑)
結構真剣に言ってたcoldsweats01

ええ~?そうかな?そんなことないのに。
確かに背も高いし体型もガッシリしてるし迫力あるけど、
でも、おちゃめなトコもあって、笑顔がステキでheart04
あの笑顔はちょっとキュンとくるよね~wink
女性目線と男性目線では違うのかもね。
それに溝口さんの周りにいる人達はなんか上品な雰囲気の人が多そう。

そんな話があったから、最後の方でギミがライブ告知などで少し話す時、
客席に向かって「怖くありませんから、ホントに。」と言って話し始めてました(笑)
私は「わかってるってばぁ、もうheart01」と
心の中で思いながら聞いていましたcatface(アホ?)
ギミって声も素敵なんですよね~confident
あの声で話すの聴くと、なんかシビレる~heart04
あ、歌声も。ソルトクゲンでも歌声聴かせてくれたしねnotes
いや~、あの(ソルトクゲンの)ライブの後、ホントヤバかったwobbly
メロメロの絶頂だったね、あの頃はlovely

でも声は、種類は違うけど、鳥越さんの声も結構好きなんですwink
声って重要ですね。

その鳥越さんは、ギミ(大儀見さん)より1曲遅れて登場。
なんとなく登場するとき、ちょっと緊張してるように見えました。
2階席なので表情は見えませんが、なんか佇まいが。

そうそう、元々鳥越さんを知ったのも
溝口さんのライブを見に行った時だったんです。
私はとくに溝口さんのファンというわけではなくて、
ただチェロの演奏をいろいろ聴きたくてライブに行ったんですが、
そこでベースを弾いてたのが鳥越さんでした。

ベースの知識もあまりない私は、
ベースはリズム楽器的な役割というイメージがあったので
鳥越さんの、ベースを歌わせるように弾くあのソロ演奏に
驚きと感動で釘付けになってしまいました。
その後すぐ調べて鳥越さんの出てるライブにまた行って
そこでさらにノックアウトされてクラクラになって帰ってきたんです。
そんな、私を鳥越さんに出会わせてくれた溝口さんとの再共演なわけです。
ん~、なんだか感慨深いconfident

ちなみにギターの鳥山さんは、ライブで見るのは今回が全く初めてです。
なんだかすごく人間的に魅力的な人だなぁって思いました。
MCとか聞いてても、なんかいい感じ。好きだなって思いました。
きっと素敵な人なんだと思います。
PYRAMIDのライブにも行く予定だから、ますます楽しみnote


鳥越さんがステージに登場したのは1部の最後の方だったけど、
2部はずっと4人での演奏で、結構鳥越さんのソロ部分も多く聴けました。
ちょこちょこといろんな曲でベースソロの部分があって、満足でしたcatface

なんだかんだ言って、結局ほとんど鳥越さんの演奏ばっかり聴いちゃってました。
他を見ててもベースが入ってくると耳が反応しちゃってearnotes
昔はベースの音なんて分からないくらいだったのに、
今ではベースの音に反応しちゃうなんて、人間の耳って不思議だねぇ。

そうだ、鳥越さんのソロの時とか、大儀見さんが真剣に見ててくれました。
なんだか自分の好きな人が、また別の好きな人の演奏をじっくり聴く姿って、
なんかいいですねぇcatface
大儀見さんは自分が演奏してない時、
けっこう他の人の演奏を真剣な眼差しで見ていました。
MCの時も、話す人の方をしっかり見て聞いてて
きっとまっすぐな人なんだろうなぁ。

大儀見さんの演奏は、たぶん自身のバンドの演奏の時より
おとなしめだったと思います。
いろんなジャンルの音楽の中で叩く大儀見さんもいいけど、
なんとかSALSA SWINGOZA での演奏を一度ナマで見たいなぁ。
今年せっかくのチャンスを仕事で逃してしまったし。
いつになることやら…。

大儀見さんは、なんかもう、いるだけでカッコイイとか思っちゃうんですよね。
ステージに登場しただけで、なんかカッコイイ。
鳴らすタイミングを計って、他のミュージシャンの方を真剣な顔つきで見てるとことか。
おでこのシワとか、への字にした口元とか、ときどきニヤッと笑う顔とか。
今回は遠かったから、そんなによく見えなかったし
鳥越さんもいたから、どうしてもベースに目と耳がいっちゃうから
あんまりじっくり見ていられなかったけど。

そう思うと、ぜいたくなコンサートだったわけですね。
今回は、自分的には軽く行けたコンサートではなかったんだけど、
行って本当に良かったー!

終演後に、CD購入者を対象にサイン会があるとアナウンスされていましたが、
鳥山さんと溝口さんの名前しか言ってなかったので
今回はそのまま帰って来ました。
大儀見さんがサインしてくれるなら、
すでに持ってるCDでも、もう一枚買っちゃうし
終電見送ってでも参加してく!
3年前もらい損ねてるしね…( ̄ロ ̄lll)
(ちなみに鳥越さんには何度かサインいただいてるので)


このライブの行きと帰りに、それぞれ危機一髪な出来事があったんだけど、
無事行ってこれて良かったclover

| | コメント (0)
|

2011年6月18日 (土)

村上ゆき「Watercolours」発売記念LIVE

★ライブ強化週間その3★

ボーカリストでありピアニストでもある
村上ゆきさんのピアノ弾き語りライブに行ってきました。

村上ゆきさんのことは、鳥越さんがライブでサポートに入っていたりした関係で
名前だけ知っていました。
逆に名前しか知らないから、どんな人なのか気になっていました。

そして積水ハウスのCMで歌声を聴いて…
「♪セキス~イハウス~♪」ってやつ。

まあ、なんて温かくてたおやかな歌声…
やさしく包み込むような温かさと、どこか芯の強さも感じる声。
もっとちゃんと聴いてみたいなぁ。

CD音源だけだと分からないじゃない?
生で本物の歌を聴かないと。

で、ライブの機会をうかがっていたら…
仕事が休みの日にうまいことライブがっ♪
めずらしく今回は友達誘って一緒に行ってきました。

今回のライブはピアノ弾き語りのみで他の楽器はなし。
ん~…ベースがないのは残念despair
でも、歌声はCMソングどおり、温かで癒される声でしたconfident

村上さんて、結構いろんなCMソング歌ってるんですね。
SHARP AQUOSのCMソングに、銀行のCM、バファリン。
「♪がーんばーりたい のに がーんばーれない… 頭痛にバファリン♪」
これもそうだったのか。
積水ハウスのCMソングとは歌声の印象が違って
かわいらしい感じの声です。
高い声だと、ちょっと矢野顕子さんの声に似たかんじの印象を受けました。

レコ発ライブなので、最新アルバムの「Watercolours」は
たくさん販売していたんですが、他のCDはなく、
私の欲しいCDが買えなくて残念でした。
どうせ買うなら、鳥越さんがベースでレコーディングに参加した
アルバムが欲しかったんですが。

でもまた村上ゆきさんのライブ行きたいなぁ。
歌は満足なんですが、ちょっと環境的に
ライブに集中しづらい状態だったので、
改めてもっとじっくり聴きたいです。

 

| | コメント (0)
|

2011年6月17日 (金)

小野リサLIVE

★ライブ強化週間その2★

小野リサさんのライブに行って来ました。


ずーーーっと昔(10年以上前)のことですが、
小野リサさんのことを知ってはいたものの、
ろくに聴かないで「ボサノバ聴くなら日本人より本場の…」とか思ってました。
でも、聴いたら予想以上にすごく良くてビックリしました!
「え!日本人でこんな雰囲気あるボサノバを歌えるの?」

それもそのはず、だいぶ後に知ったことですが、
彼女はブラジル生まれで、子供の頃はブラジルで暮らしていたんですってね。
それであんなに雰囲気あるんだ・・・ confident納得。
声もボサノバに合ってるし、文句なしの歌good

そこから何年かして(今から5,6年前くらい)、
改めてライブに行ってみたいと思うようになり、
でもなかなか機会にめぐまれず、ここまで来てしまいました。

そして今から1年くらい前だったかな、
NHKの深夜音楽番組「J-MELO」に小野リサさんが出ていて
そこで「イパネマの娘」をスタジオライブで歌っていたんです。
その時、私は何かやりながらテレビをつけていたんですが、
「イパネマの娘」を聴いて思わずテレビを振り返って見てしまいました!
小野リサさんの歌がイイと知ってはいたけど
それでもホントに素晴らしい「イパネマの娘」で…。
もう、最高でした!

私にとって「イパネマの娘」という曲を初めてまともに聴いたのが
サラ・ヴォーンの歌で、だから基準がサラ・ヴォーンになるんですが、
いいと思っていたサラ・ヴォーンよりさらに良かった!
こんな素敵な「イパネマの娘」は初めて聴きました。
今までで一番の「イパネマの娘」でしたshine

今回ライブに行ったので「イパネマの娘」が入ってるCDを買ったんですが
CDより、そのNHKの「J-MELO」の時のが良かった!
CD買ったからいいやと思って録画したのを消しちゃって、
シマッタなぁbearing

でもね、今回のライブでなんと!1曲目が「イパネマの娘」だったんですsign03
「ええーっ!1曲目からいきなりコレ来ちゃう?」
正直ちょっと戸惑いました。
まだこれから段々ノっていこうという気持ちだったのに。
だめだ…この曲聴いちゃうと体が動いちゃう(>_<)
隣の人はまだまだ冷静そうなのに…。
興奮する気持ちを抑え気味に聴いていましたよ。
ああ勿体ないsweat02

あ、そうそう、意外にベースのソロもたくさんあって
それも良かったなぁ。
ベースは「J-MELO」の時と同じ人でした。
(たぶん杉本智和さん)
ベースは「J-MELO」の時よりライブの方が良く感じました。
後半につれ、だんだんベースの方を見てしまう時間が増えていきました。
やっぱベース気になっちゃうんだよね、前はこんなことなかったのに。

そして終演後は、余韻を感じながら
小野リサさんのベストアルバム聴きながら帰りましたnotes

| | コメント (0)
|

2011年6月11日 (土)

AKB48総選挙。うちはDWL2011総選挙。

AKB48総選挙、結果出ましたね~。

あなたの推しメンはいかがでした?

私はとくに誰を応援するともなく…

でも、大島優子ちゃん、カワイイと思います。
なんか素直な笑顔がイイhappy01


でも、アイドルってすごい。
見てていつもそう思う。
尊敬しちゃう。

徹底したサービス業、セールス能力!shine

厳しい社会で生き抜く力があると思います。
こういうこと、バッチリできたら、いろんなサービス業で
相当イイ線まで行きそうだよね。

愛想って、社会ではとっても大事。
いや、学生の時でもそうか。
仕事してたらもちろんだし、主婦でも必須。
誰だって愛想良く対応してもらえたら嬉しいもんね。
ニコニコしてる人の周りには人が集まるよ。

わかってはいるんだけど…

自分を売り込むのは超苦手。
目立つの嫌い。
愛想ふりまけない。
人見知りで、無愛想で、ホント駄目wobbly

アイドル、絶対自分にはできないものだと思います。
(それ以前の問題は別として)


さて、ドリの総選挙?
「総」っていうか、それ2択だよね?

でもさ、DWLの投票あったじゃん!
人じゃなくて曲だけどさ。
あれがうちの総選挙ってもんじゃない?

ちなみに私の推し曲
ずっと「わすれものばんちょう」ですsign03
いつもランク外だけどねsweat02

| | コメント (0)
|

クリヤ・マコト×SHANTI Duo ライブ

ここ1週間はライブ強化週間(?)というようなスケジュールnotes
1週間でライブ3回!

鳥越さんも船の上で演奏しててしばらくライブはないし、
その淋しさを紛らわす意味でも、行けるライブは行っとこう!と。
とりあえず休みが合って興味あるものは行ってみることにwink

で、まずクリヤさん♪
最初は、休みでもないし行く予定ではなかったんだけど、
急遽休める状態になり、ならば行っちゃおう、と直前に決めて行ってきました。

クリヤさんは鳥越さんとやってるのを見たのが最初。
とっても楽しそうに演奏してるのがいいなと思いました。
しかも、なんかどっか前から知ってる人みたいな、
な~んか近しい感じがするのはナゼ?
なんだろう、あのどこかホッとする人柄spa
ちょっとMCでしゃべるだけで、なんか人柄がわかる(気がする)。
どうも前から知ってる人みたいな感覚で、思わず
「あ、クリヤさ~ん」なんて声かけちゃいそうな空気感がhappy01
…声かけてないですけどね。
やっぱミュージシャンは人柄が大事、私は。

ライブの時はクリヤさんの背後から見る形だったので
顔があまり見えなくて残念。
楽しそうに弾いてる顔、熱中して弾いてる様子、
そういうの見ると、こっちも気分上がってくるしupup
また、ちょうど他のお客さんの体で手元も見えにくくて、
ちょっと残念だったんだけど、それなら今日はゆったり聴こうと
音に身を任せて、ガツガツせずに、ゆるりと楽しんで来ましたnote

でもやっぱTFS聴きたいな~happy02
純粋なオリジナル・メンバーでのTFS、まだ聴いたことないし。
今年中に見られるとうれしいけど…。
せっかくやってくれても休みとれないとダメだし、どうなるかな~sad

| | コメント (0)
|

2011年6月 6日 (月)

観月ありさ「あなたが笑えば」

聴きました、ラジオ「中村正人の夜は庭イヂリ」

イヂリスト(ゲスト)は観月ありさサン。
番組内でも言ってたけど、ドリとは20年程前からの関係。
私の大好きな「Eyes to me」からのおつき合い♪

ちょっと話それるけど、今日のまささんのブログを読んだら、
先日私が5/22でドリファン19周年ということを書いた中で、
「Eyes to me」について書いたことと同じことが書いてあって、
なんかちょっとドキッとしちゃった。
(作詞と作曲を別の人がしたとは思えないほどピッタリだっていう話)
まあ別にみんなが思うことだけどね、なんかタイムリーで…。

話を戻すと、
初めてまともに「あなたが笑えば」を聴きました。
(※ご存知ない方のために、この曲はドリが提供した曲です)
確か以前、観月さんが「HEY! HEY! HEY!」に出演した時、
10年くらい前からドリに曲を作って欲しいと言っているという話をしてましたね。
それが今回叶ったんですね(^-^)

でもね、ドリファンの私としては、
本音は、せっかく生まれた作品なら、美和ちゃんの歌でも聴きたいんです。
美和ちゃんも歌った上で、他の人がカバーしてくれると最高なんだけど
せっかくできた曲なのに、美和ちゃんの歌で聴けないというのは残念。
ドリのシングルのカップリングでもいいから
今後美和ちゃんも歌ってくれないかなぁ。
そしたら、どんだけ提供してくれてもいいんだけどな~。
とはいえ、作品提供を望んでくれたのは大変ありがたいと思ってます。
それがなければ今回の曲は生まれなかったわけだしね。

それにしても観月ありささん、
カラッと明るくて気さくでホントいいかんじですねhappy01
今日も観月さんの出てた「MUSIC LOVER」見てて
TKO木下さんとの初対面の様子聞いて
ドリとの初対面の時と全く同じで、すごいな~と思いました。
私は人見知りですぐ人との間に壁を作っちゃうから
ああいう人懐っこくて屈託のない明るさを持った人に憧れます。

で、肝心な曲の感想ですが、
イントロからまず、私はアレンジがあんまりドリっぽく感じませんでした。
80年代アイドルみたいな、なんか懐かしいかんじのイメージ。
だから、もしかして作詞・作曲だけドリで、アレンジは違うのかなぁと
一瞬思いましたが、SAXが本間さんのSAXに聴こえたので
「あれっ!じゃあやはり、まささん編曲?」って思いました。

でも本間さんのSAXっぽいっていう、すごくアバウトな感覚で、
そんなに聞き分ける力もないからと思ってたら…今日のまささんのブログ!
やっぱり本間さんだったんだぁshine
私、どうも本間さんのSAXが好きみたいなんですよ。
なんかドリライブでSAXが本間さんになってから
妙にSAXがいいかんじに聞こえちゃうんです♪
いや、そんな聞き分ける耳は持ってないんですが、
でもDWL2007の時とか、すごいSAXが心に沁みて沁みて…

あと、曲の中で「あ!」ていうセリフ、
あれ美和ちゃんの声に聞こえるんだけど、
ありささんの歌なのに、あそこだけ美和ちゃんなんてことある?
でも、あれ、美和ちゃん…だよね?

それから、詞はすごく美和ちゃんっぽかった!
ありささんの歌でこんなに美和ちゃんっぽくて大丈夫かなと思うほど(笑)
バリバリ美和ちゃんワールドでした。

曲は、ところどころで「う~ん、ドリ!」ってかんじのメロディ。
「♪あなたが笑うだけで」のところとか、まさに。

だけど、人様に提供する曲って、なんだか緊張するね。
責任重大っていうか、いろいろ心配。
ドリ自身の曲なら、どんなんでも自分達のだからいいけど。

まず観月ありささん本人が気に入ってくださるか、
観月さんのファンの方達が気に入ってくださるか、
あと観月さん側のスタッフさん達がどう思うか、とか。
ファンの方には特に気に入ってもらえるといいなぁ。
それでカラオケとかでもガンガン歌ってくれるとうれしいなぁ(´∀`)

私も記念にあのアルバム買わないとね。
あ、そうそう、あのジャケットいいよねshine

| | コメント (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »