« 村上ゆき「Watercolours」発売記念LIVE 第2弾  | トップページ | 神保彰ワンマンオーケストラ 全国行脚 »

2011年7月31日 (日)

古川展生ライヴ

以前からチェリスト古川展生さんのライブに行ってみたかった。
チェロ好きの私としては、いろんなチェリストの演奏を聴いてみたかったので
何年も前から気になってて、「古武道」も気になってました。

3年前には実際行くつもりでブルーノートの予約入れてたのに
風邪をひいてしまって、泣く泣く断念weep
症状は比較的軽いのに、妙に長引く風邪で、
熱もなく体は元気だったんですが、咳がいつまでも残ってしまい、
ロック系の元気なライブなら、マスクして人に迷惑かけないようにすれば、
音の迷惑はそれほど心配ないかもしれないけど、
チェロの演奏中に咳するのはちょっとねぇ…。
それに食事しながら聴くライブでマスクも変だし、
食事の場で咳をゴホゴホやるのも迷惑だし。
自分なら近くの人がそんなだったら絶対イヤだから、自粛しましたsweat02

だからね、次の機会を狙って、仕事の都合とかタイミングが合うのを待っていた。

今回も実を言うと、同じ日に村上ポンタ秀一さんのライブがあって、
当初はそっちに行くつもりでいたけど、
ポンタさんはこれまでに何度かライブ演奏見たことあるし、
ここは、まだ見れてない古川さんを優先しよう、と決めました。

以前、古川さんは女性ファンが多いという話を聞いたことがあったので
確かにルックスも男前だし、もしかして結構キザで
ナルシスティックな感じなのかなぁって思ってたけど、
全然そんなことなく、結構控えめというか、思ったより静かなかんじでした。

まずまずステージに近い席だったのでいろいろよく見えて、
楽器(チェロ)はわりと薄めの色合いで、
結構使い込んでそうな年期の入った(ように見える)ものを使っていて
「ああいうのって高いのかな~」なんて変な目で見てしまいました(笑)
溝口さんのアンジェラ(チェロの名前)は、もっと濃い茶色で
ニスが艶やかな光沢を持ってたように見えたので、
あちらはまだ新調したばかりかもしれません。

1曲目は古川さんのチェロ・ソロ。
2曲目からピアノが加わり、
古川さんはクラシックが専門ですが、今回はブルーノート公演ってことで
ポピュラー寄りの選曲で演奏してくださいました。
ピアニストの塩入俊哉さん作曲の作品も。
そして途中、ゲストミュージシャンに中西圭三さんを向かえ、
彼のヒット曲の「WOMAN」などnote

それにしても中西さん、久しぶりに拝見しましたが、
あれれ?すごく横に大きくなっている…
まあ、歌を歌うには声量も出るし、いいんでしょうけど、
ちょっとビックリしましたよ。
歌声は…「うわぁ、キー高いwobbly
男の人であんなに高いのすごいですね。
私は女だけど声が低いので高めの男性キーと同じくらいです。
(久保田利伸とかEXILEあたりが地声で歌いやすい)

アンコールではカッチーニの「アヴェ・マリア」も歌ってくださいましたよ。
中西さんて、ああいうのも歌うんですかぁ。

今回、古川さんの演奏で一番私がよかったのは
「チャルダッシュ」ですshine
いや~、ひきこまれた!
バイオリンの生演奏では間近で見たことがあって、
その時もすごいスピード感と迫力に息を飲みましたが
チェロで見るのは初めて。
その日、一番真剣に、息を飲んで聴き入ってしまいました。

やはり私はチェロはクラシックが好きなのかもしれません。
とにかくチェロが目立って際立ってる曲がいいですね。
できれば無伴奏が最高shine

そうそう、余談ですが、私がチェロを好きになったのが
たぶん10年くらい前だと思うんですが、
1年前に急にコントラバスに夢中になったので
それを見ていた父親が

「なんか、だんだん大きくなってくなぁ…」

と、つぶやくように言ってました(笑)
なんだか、その表現に妙に笑えました。
(ちなみにバイオリンは特に好きだったことはありませんので、
だんだん大きくと言ってもチェロとコントラバスだけです)

|
|

« 村上ゆき「Watercolours」発売記念LIVE 第2弾  | トップページ | 神保彰ワンマンオーケストラ 全国行脚 »

♪音楽・ライヴ・エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村上ゆき「Watercolours」発売記念LIVE 第2弾  | トップページ | 神保彰ワンマンオーケストラ 全国行脚 »