« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

DWL2011

DWL2011

史上最強の移動遊園地
  DREAMS COME TRUE
    WONDER LAND 2011


まず、知らない人のために解説すると…
ワンダーランドと言われるこのコンサートは、
4年に1回開催されていて、1991年からもう6回目となる。
たま~に誤解している人がいるのだが、
決して本当の遊園地ではナイ。
街に突如現れる移動遊園地のようなイメージという
キャッチフレーズであるwink

通常のコンサートはアルバムが発売されると
その曲を披露するという意味でも、アルバム中心の選曲だが、
ワンダーランドは、CDでいうとベストアルバムのような存在。
つまり、人気のある曲を中心に演奏される。
ワンダーランドの前になると、オフィシャルサイトなどで
人気投票が行われ、人気の高い曲を中心に、
しかしながら1位から上位○位までというだけでなく、
上位曲に「吉田美和がスパイスを加えた選曲」
ということになっている(笑)。
だから、新曲なんかは、大抵やることになるし、
その季節にあった曲だったり、最近やってない曲もたまには…
というように選曲される。

よって、人気上位曲中心ということは、
ドリファンじゃない人でも知ってる曲が多くなるので
通常のアルバムツアーに比べて一般の人も参加しやすいnote
そして、ワンダーランドはキャパの大きい会場でやることが多いので
チケットもとりやすいgood

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は、ドリカムのライブは、多い時は1つのツアーで
10回行ったことがあるけど、今回はたった2回のみthink
というのも、チケット発売の半年前の時点では、
当日仕事が休めるかどうか分からなくて、
たくさん予約して、たくさんダメになったら
金銭的にも精神的にもキツイsweat02
なので、2日くらいならなんとか拝み倒して行けるかな…と
2回にとどめることにしました。
結果、その2日は何とか無事参加することができましたclover

2回のうち、1回は友達と。もう1回は1人で参加しました。
友達は長年私からドリ話を聞いてきて、影響されて好きになったクチ。
今ではとてもライブを楽しみにしていてくれ、
ドリカムのライブが一番楽しいとまで言ってくれるscissors
最近では毎回、1回を友人と、あとは1人で(遠征なども)というパターン。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ステージセットは、メインステージから真ん中に伸びた花道があり、
アリーナ席をぐるっと囲むように、スタンド席の前を
1周回るような花道もありました。
そして何かが出てきそうな気になるスペースもあったり…heart02

客席が暗くなると、いつものワンダーランドのテーマが
「♪ダン、ダダダダダンダン…」と流れて、ついに開幕!
美和ちゃんとまささんはメインステージから現れましたeye
美和ちゃんはいつものように感極まって泣いてるweep

そして始まる「何度でも」
つづいて「朝がまた来る」
そして「その先へ」。
これ…すごい曲順じゃありません?
メッセージ的に。
聞いてて「うわぁ…この曲順weep」て、じーんと来ました。
なんだか、美和ちゃんのことを言っているようでもあり、
3月の東日本大震災のことを言っているようでもあり。

今回のワンダーランドは、前回からの4年間を
振り返るような気持ちで聴いていましたthink
ここ4年以内の曲達は、やはり、
美和ちゃんのあの事が頭に浮かぶ曲が多くて、
その時の自分の気持ちや、美和ちゃん自身の気持ちや、
そばにいたまささんの気持ちや、周りにいたいろんな人の気持ちを
想像したり思い出したり…。
そして昔からの曲は、聴いてた当時のことや、
そのアルバムのツアーの時のことや、
ファンになったばかりの頃のこととか、
なんだか思い出がどんどん浮かんでくるライブでした。

「Ring!Ring!Ring!」では、美和ちゃんが自転車に乗って
花道を一周し、途中で歌詞に合わせてKEITAくんと二人乗りしたりbicycledash
95年のワンダーランドでも、美和ちゃんが
自転車に乗って登場したんだよね。
91年は、私はまだファンになってなかったから。
ライブは参加してないけど、ライブビデオで
お姫様の格好して満面の笑みで歌ってるのが印象的でした。
…という感じで、過去のライブ映像まで一緒に浮かんできちゃう。
20年近くファンやってるからね~、思い出も多いよね。

「TORIDGE&LISBAH」とか「この恋はハードボイルド」なんかは
久しぶりにライブで聴いた気がするnotes

花道の途中に2箇所サブステージみたいなのが突如登場し、
ステージ向かって左側がレッドキューブ、
右側がグリーンキューブと呼んでいました。
レッドキューブでは、悪~い感じの曲、セクシーな曲を歌い、
グリーンキューブでは、可愛らしくて爽やかな曲を歌っていました。
そこを移動するのに、花道を回って行くのではなく、
吊り上げられて、上空を飛んで行くという状態sign01
レッドにAKSがいて、グリーンにまささん。
まささんが「吉田にはそんな世界は似合わないよ!
こっちへおいでよ!」みたいなセリフを言って
呼び寄せる小芝居もあり(笑)

その移動以外にも結構、吊られて飛んでいたんだけど、
まあ結構なスピードでcoldsweats02sign01
美和ちゃんは身体を前に倒してスピードアップして飛んだり、
最後には、着陸する寸前にくるりと前に1回転してみたり。
さすがジェットコースター大好きな美和ちゃん、
私じゃ到底あんなの無理です!
たぶん、まささんもねcoldsweats01

アンコールでは、なんと4曲も歌ってくれました!
いつもは、せいぜい3曲までなのに。
「LOVE LOVE LOVE」は原曲とはちょっと違って
ハープシコードみたいな音が違っていたので、
印象が違って新鮮で、すごい好きでした。
あと、「あの夏の花火」も原曲よりゆったりとしたアコースティック風に
歌ってくれて、私はこっちの方がなんか切なくて好きだなぁと思いました。
そして、今回も花火打ち上げsign03
DWL2003での野外ならではの容赦ないスゴイ花火を思い出しました。
あんなに近くで、天から一斉に降ってくるかのような花火を見たのは
あの時が初めてで、花火を近くで見ることの意味に初めて納得したんです。
今回はさすがに屋内なので、そんなスゴイのは上がらなかったけど、
でも、ドリとこうしてまた一緒に花火が見られる幸せを感じましたheart01

最後は「またね」で締めくくり。
そう、「またね」という意味はとても深い。
「また」次がある、次を約束するわけだから。
今回また4年ぶりに、当たり前のように
ワンダーランドを見ていられるのは
決してあたりまえじゃなくて、日本の震災はもちろんだけど、
美和ちゃん自身のことや、私自身のこととか、
それぞれ色々あったりしても、でもまた開催できて参加できてる。
素晴らしいことshine

ところで、最後、ステージを降りていく時に
まささんが、戻ってきて「バンザーイ!バンザーイ!」と叫んで
「俺は幸せだぁぁーーーっ!」って叫んでたのが気になる。
なんか、ちょっと変に不安もよぎる。
「またね」でいいんだよね…?

| | コメント (0)
|

2011年8月26日 (金)

PYRAMID×葉加瀬太郎@Billboard Live 大阪

行って来たー。

PYRAMIDとは…
鳥山雄司(g)/神保彰(ds)/和泉宏隆(p)のユニット。
それにサポートというかゲストミュージシャンとして
鈴木雄大、鳥越啓介が参加。
さらに、今回はPYRAMID×葉加瀬太郎ってことで、
スペシャルゲストに葉加瀬太郎さんをお迎えしてのライブnotes
一応、アルバム「PYRAMID3」のレコ発ライブなのかな。

う~ん…すごいメンバーだよねshine
もちろんライブ予約は開始早速初日に!
なんたって売れっ子ミュージシャンが共演とあっては
いろんな人のファンがそれぞれ申し込むわけで、
きっと競争率高いもんねthink

整理番号はそんなに早くなかったけど、
ここは1人で参加する強み、3人グループとかの
余った1席をとれることが結構あるのだheart01
2人で来た人達は当然2席つづきで座るわけで、
今回もラッキーなことに、かなり前の方をゲットできたscissors
特に神保さんがよく見える位置eye
近くに神保さんファンのマダムのグループがいらっしゃって、
すっごく楽しそうにはしゃいでいらして、微笑ましかった~happy01
ファン心理は思いっきり共感できますから、
そういうファンの人達を見たりするのは
自分まで楽しくなって大好きですheart01

神保さんは相変わらず爽やかな笑顔で
客席をニコニコしながら見て演奏していらっしゃいましたhappy01
きちんとした姿勢で、ジェントルマンな感じでshine

お目当ての鳥越さんは、かなり見やすい位置ではあったんですが、
ビルボードの譜面台ってば、ずいぶん立派でcoldsweats01
譜面台が大きいのと、譜面が何ページにも渡って長いのとで
ちょうど右手が見えない位置。
左手はばっちりなんだけど、ちょうど譜面台の高さが
右手にかぶっちゃうのよね…bearing
そういうオチがあったか…近いだけじゃダメなのねdown
でもまあ、近いと見てて楽しいしnote

葉加瀬太郎さんは途中から登場したんですが、
葉加瀬さんが出てくると、急に雰囲気がガラッと変わりました。
MCも饒舌で、大きな声で(体も大きいけど)ポンポンしゃべって
自虐ネタで笑わせたり、まるで自分のコンサートみたいに
葉加瀬さんのペースでグイグイ行ってる感じでした。

演奏は皆さんさすがベテランミュージシャンってかんじで
なんか、クールに余裕な感じで演奏してるように見えました。
実際はどうなのか分からないけど、雰囲気は。
あ、でも葉加瀬さんはクールっていうより熱い演奏ってかんじだったなhappy01

帰りには、鳥越さんもレコーディングに参加した「PYRAMID3」を購入。
それで次のライブでお会いしたときにサインもらうのだheart01
PYRAMIDのどのアルバムにレコーディング参加したかは、
先日のライブでちゃんと聞いておいたのでwink

| | コメント (0)
|

2011年8月24日 (水)

taca+鳥越啓介 Duo ライブ

このライブは、8月頃にあるということのみ
鳥越さんから2ヶ月くらい前に聞いていて、
詳細はなかなか分からずにかなりハラハラして発表を待っていました。

今回はちょっと私には特別で、どうしてもどうしても行きたくって、
でも日程によっては仕事で行けないから
行けるかどうかがホントに心配で心配で…(>_<)

そしたら、確実に間違いなく仕事が休みの日だと分かり、
もうホントに大喜びhappy02heart04

ああ~、行けてホントによかったぁconfident

今回のライブはアコーディオンのtacaさんとのDuonotes
Duoライブって、うれしいですね~note
だって楽器が2つしかないから、ベースがよく聴こえるっhappy01
かなり音量もしっかりあり、ばっちり目立ってました。
ベースって時々あんまり聞こえないことあるから…。

しかも早めに行ったので一番前の席で見ることができて大満足heart01
前回の鳥越さんライブが、2ヶ月前の銀座ヤマハホールの2階席だったので
こんなに近くで見られたのも4ヶ月ぶり。

tacaさん絡みのライヴも数えてみるともう6回目(え!もうそんなに?)なので
毎回よく演奏する曲なんかは、だいぶなじみ深くなってきた。
ただ、もちろんDuoで聴くのは初めて。

ライブは、あっという間の時間でした。
でも、今回は終わった後も、まったりとおしゃべりして過ごしていたので
意外に時間は経過していました。
そこに来ていたお客さんから(その人の)楽しい趣味の話が聞けたり
ライブそのもの以外にも、楽しいことがいろいろあって
大満足で帰ってきましたheart01

私の明日への活力になりそうですnote

| | コメント (0)
|

2011年8月16日 (火)

神保彰ワンマンオーケストラ 全国行脚

以前、神保さんのワンマンオーケストラの様子をテレビで見てtv
ちょっと興味があったんですが、今回、縁あってタイミングが合い、
ライブに行くことができましたclover

客席は、ホールの通常の客席以外に、
ステージ上にも、ドラムセットを左右から囲むように椅子が並べられていましたchair
左右それぞれ2列ずつ。
イラストにするとこんな感じ。
  ↓
(( O ))

1列8席くらいだったかなぁ。
ステージ上だから、当然、普通の客席からはすごく目立つわけですeye
そこに、なんと知り合いが!
しかも、4人!
そのうち3人は1つのグループなんですけど。

おお~、スゴイ!
なんだろ、ファンクラブとか特別なルートでとったのか、
それとも発売すぐだと、あんな席もとれたのか?

私は仕事のスケジュールがわかるのが、ライブの2週間前くらいだったから
そこからチケット申し込んだので到底無理だし、
目立つのは嫌なのでとくに希望もしないけど。
でも、そうだなぁ、ドリカムのライブとかだったら
目立つの嫌な気持ちより、近くで見たい気持ちのほうが勝つかなぁ。

ライブの選曲はわりと昔からみんなが知ってそうな曲が中心で、
年輩の人も、若い人も聞いたことありそうな曲が多かったです。
懐かしの「ライディーン」とか、マイケル・ジャクソン・メドレーとか。
あとラテン・メドレーnotes
ラテンと聞いて、これは私の好きそうな曲をやってくれるかなとワクワクheart02
「リベルタンゴ」「アランフェス協奏曲」「スペイン」なんかを演奏してくれました。

「リベルタンゴ」は、あれ、なんでしょうね~、
何回聴いてもあの曲って、なんかゾクゾクするというか、
あのリズムってクセになるというか、ハマりますよね。
独特の何かがある感じがします。

「スペイン」は嬉しかったですね~confident
(※チック・コリアの「スペイン」です。シャブリエの方じゃないですよ)
リズム感の悪い私にとって「スペイン」は、何度聴いても
あのサビというか、リズムのとりにくいあのメロディーの部分
(…って、分かるかなぁ)
リズム感いい人には「どこ?」って感じなのかもしれないけど
あの部分、いつも演奏されるミュージシャンを尊敬しますshine
ジャズ系のライブ行くとよく聴くんですよね~。
みんなスゴイなぁ、なんであんな難しいリズムとれるんだろう…
だから、なんか私にとってはちょっと特別な曲で、
選曲してくれて嬉しかったですnotes

今回もCD購入者を対象にサイン会をやってましたが、
私が欲しかったCDは販売してないみたいだったので
今回はやめておきました。
PYRAMIDの3枚目のCDがあったら買おうかな~と思ってたんですが
PYRAMIDのアルバムは置いてないみたいでした。
まあ、今月ライブ行くし、その時に買おうっと。

それにしても、神保さん、爽やかでジェントルマンな感じで
カッコ良かったですね~。
もう大人な娘さんもいるというのに、あんなパパだったら自慢ですねshine


| | コメント (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »