« 古川展生ライヴ | トップページ | taca+鳥越啓介 Duo ライブ »

2011年8月16日 (火)

神保彰ワンマンオーケストラ 全国行脚

以前、神保さんのワンマンオーケストラの様子をテレビで見てtv
ちょっと興味があったんですが、今回、縁あってタイミングが合い、
ライブに行くことができましたclover

客席は、ホールの通常の客席以外に、
ステージ上にも、ドラムセットを左右から囲むように椅子が並べられていましたchair
左右それぞれ2列ずつ。
イラストにするとこんな感じ。
  ↓
(( O ))

1列8席くらいだったかなぁ。
ステージ上だから、当然、普通の客席からはすごく目立つわけですeye
そこに、なんと知り合いが!
しかも、4人!
そのうち3人は1つのグループなんですけど。

おお~、スゴイ!
なんだろ、ファンクラブとか特別なルートでとったのか、
それとも発売すぐだと、あんな席もとれたのか?

私は仕事のスケジュールがわかるのが、ライブの2週間前くらいだったから
そこからチケット申し込んだので到底無理だし、
目立つのは嫌なのでとくに希望もしないけど。
でも、そうだなぁ、ドリカムのライブとかだったら
目立つの嫌な気持ちより、近くで見たい気持ちのほうが勝つかなぁ。

ライブの選曲はわりと昔からみんなが知ってそうな曲が中心で、
年輩の人も、若い人も聞いたことありそうな曲が多かったです。
懐かしの「ライディーン」とか、マイケル・ジャクソン・メドレーとか。
あとラテン・メドレーnotes
ラテンと聞いて、これは私の好きそうな曲をやってくれるかなとワクワクheart02
「リベルタンゴ」「アランフェス協奏曲」「スペイン」なんかを演奏してくれました。

「リベルタンゴ」は、あれ、なんでしょうね~、
何回聴いてもあの曲って、なんかゾクゾクするというか、
あのリズムってクセになるというか、ハマりますよね。
独特の何かがある感じがします。

「スペイン」は嬉しかったですね~confident
(※チック・コリアの「スペイン」です。シャブリエの方じゃないですよ)
リズム感の悪い私にとって「スペイン」は、何度聴いても
あのサビというか、リズムのとりにくいあのメロディーの部分
(…って、分かるかなぁ)
リズム感いい人には「どこ?」って感じなのかもしれないけど
あの部分、いつも演奏されるミュージシャンを尊敬しますshine
ジャズ系のライブ行くとよく聴くんですよね~。
みんなスゴイなぁ、なんであんな難しいリズムとれるんだろう…
だから、なんか私にとってはちょっと特別な曲で、
選曲してくれて嬉しかったですnotes

今回もCD購入者を対象にサイン会をやってましたが、
私が欲しかったCDは販売してないみたいだったので
今回はやめておきました。
PYRAMIDの3枚目のCDがあったら買おうかな~と思ってたんですが
PYRAMIDのアルバムは置いてないみたいでした。
まあ、今月ライブ行くし、その時に買おうっと。

それにしても、神保さん、爽やかでジェントルマンな感じで
カッコ良かったですね~。
もう大人な娘さんもいるというのに、あんなパパだったら自慢ですねshine


|
|

« 古川展生ライヴ | トップページ | taca+鳥越啓介 Duo ライブ »

♪音楽・ライヴ・エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古川展生ライヴ | トップページ | taca+鳥越啓介 Duo ライブ »