« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

VioraBass ユニット名決定記念ツアー♪♪

「VioraBass」と書いて「ヴァイオラバス」と読みます。

♪壷井彰久:バイオリン
♪鳥越啓介:コントラバス

Violin(バイオリン)とContrabass(コントラバス)をくっつけて
「VioraBass」。

2人は何度がデュオでライブしてたけど、とくに名前も決めずにやってて、
何か名前を考えようということで、ずいぶん長いこと考えてたようです。
(一部では「つぼちゅん」とか呼ばれてたりもしたようですが)

壷井さんは、バイオリンとコントラバスをくっつけるなら、
「コントラリンは?」とも言ってました(笑)
響きがかわいくて好きだけど、コミックバンドみたい?
それに、コントラリンじゃ、演奏もテキトーなかんじになりそう…(^_^;)

今までVioraBassでは関東のみで、ツアーは今回初でした。
ユニット名決定記念ツアーと言っても、
実際は、名前が決まったからツアーをしたわけではなく、
関東以外にも来てほしいというファンの熱望から持ち上がったツアーで、
それなら名前も決めたいね、という感じでした。
(…のはずだけど、たぶん)

ツアーと言っても、大阪と名古屋の2箇所だけなんですが。
あ、私は2箇所とも行きました(^^)v
だってちょうど夏休みだったんだもーん♪♪
普段、好きなように休めないから、地元のライブだって
行けるか直前まで分からないんだから、行けるときには行かなきゃねぇ!


大阪では「CHOVE CHUVA(ショビ・シュバ)」という
ブラジリアン・ショップでのライブ。
ブラジルの音楽CDなんかを販売してたり、
カフェコーナーがあったり、雑貨とかも?
今回はライブ仕様になってたのかもしれないので
普段どんななのか分かりませんが。

席数はあまりたくさんなく、わりとこじんまりとした感じでした。
(普通のライブスペースに比べると)

私は、バイオリンとコントラバスという組み合わせで聴くのは初めて。
どんな感じになるのか、どんな曲をやるのか、ワクワクでした。
曲は、壷井さんの曲と鳥越さんの曲を持ち寄ってやるかんじで
壷井さんの曲の方が多かったかな?
私は壷井さんのライブ自体、アゲアゲに続いてまだ2回目なので
壷井さんの曲を全く知らないので、ホントに初めて聴く曲ばかり。

壷井さんの曲で、とくに気に入ったのは「First Greeting」。
この曲は、みずみずしくて、さわやかで、静かなんだけど、明るくて、
どこか可愛らしくて、フレッシュで…そんなイメージ。
私の中で、イメージ映像があって、
森の中で、木々の隙間からは柔らかい木漏れ日が差し込んでて、
でも眩しいほどの明るさはなく、森らしいちょっと暗いかんじもあり、
木の葉っぱからは、朝露なのか、少し前にやんだ雨のしずくなのか
水滴がときおり、ぽつん…って落ちてきて、
その下にはリスとか小動物がいて…
というイメージなんです。
なんか、とっても可愛らしい素敵な曲。
バイオリンの「ピュン、ピュン♪」って音がしずくみたいに聴こえるの。

ライブの後、壷井さんの持ってきてる様々なCDの中から
ぜひとも「First Greeting」の入ったCDを買おうと思ったら
それは今日は持ってきてないんだって!
今日持ってないってことは、2日目の明日も持ってないんだね…(;´д`)
残念だけど、だからといって何も買わないのも、
せっかくの初VioraBassライブなんだし、と思って
Triniteの「prayer」をフライング・ゲット。
これ、ホントは明日だかに発売だそうで。
明日になる前に開封すると煙が出るかもって言われましたw
で、もちろん壷井さんのサインもいただき。
バイオリンのイラスト付きのサインでした♪

ここ、CHOVE CHUVAでは、VioraBassオリジナルグッズまでありました!

「鳥壷茶」
Iphone_0692


ボトルは壷に見立てて、フェルトで手作りデコレーションされたものに
鳥がついてました。
中身はオリジナルにブレンドされた紅茶。
わりと濃厚で、甘い香がして美味しかったです。

その隣にあるのがクッキーの入った袋なんですが、
その中身は…

Iphone_0722

鳥の形と、壷の形~(^▽^)

しかも、壷の中にうっすら見えるは…胃袋のイラスト
「壷胃(つぼい)」です。
これは壷井さんが近頃、ブログ「絵非日記」で書いてる
自分に見立てたゆるキャラw?
このクッキーすごい!芸が細かい!
私はこういう芸の細かいのが大好き♪

これ、気づかずに食べてる人、結構いると思います。
現に、翌日ライブ仲間の人に言ってみたら気づいてなかったし、
その人がご本人達に言ってたけど、ご本人達も初めて知った様子。

そしてさらに、こんなものまで付いてくる!
Iphone_0762

壷と鳥のフェルトで作ったピンブローチ。

なんか、すごいですよ。
「鳥壷茶」買うと、お茶と、クッキーと、ブローチまで!
しかも、どれもこれも手作りですからね。
それでいて500円(だったと思う)!
これは、こういうことが好きじゃなきゃできないですよ。
完全に営利目的では全くない!

なので、私も大切にいただきましたし、
こうして写真にも残して、ブログでも披露させていただき
ちゃんと後に残るようにしようと。

それとは別に、お持ち帰り用で「ゔぁいおらばすブレンド」のお茶
(上記、文字化けしてたとしたら、「う」に濁点です。「ヴ」の平仮名)

Iphone_0772


早速、その夜、ホテルに帰っていただきました~♪


VioraBassツアー2日目は名古屋。

会場は、JAZZ茶房・靑猫。
「青」じゃなく「靑」ってとこが、なんかオシャレですね~☆
ここは、鳥越さんのベース・ソロライブで2回程訪れたことがありますが
とても素敵な場所。
ライブの時しか行ったことないけど、店内はコンクリート打ちっぱなしで
壁一面にCD棚があって、どうやら普段はリスニング・コーナーとして
ゆっくりくつろげるスペースがあるような話。
近くにこんなお店があったら入り浸っちゃいそうだけど、
私にとっては、ふらっと行けるような場所ではないので、残念。

店内にはアップライトピアノも置いてあって、
ピアノに鳥越さんの演奏姿が映るので、
こちらの席からは見えない、反対側から見た鳥越さんの演奏姿を
ピアノ越しに見ることができるのです☆
ピアノって黒いから、鏡みたいになるわけですよ。
これはなかなか素敵な眺めですよ。
たまーに向こう向いちゃって手元が見えないときとか、
まあ、あくまでピアノ越しなので、そんなに明確に見えないですが
シルエットとしては、わりときれいに見えます。

通常のライブでも、ピアニストの背中越しの席になって、
手元が見えない時なんか、グランドピアノの鍵盤の
すぐ上にある黒い部分(メーカー名とか書いてあるところ)に
映った手元を見たりとか、よくやってますが。

鳥越さんの曲「NEGAI」をVioraBassでやってくれたのが
すごく良かったです。
いつもはベースソロで聴いてるあの曲が
バイオリンが主にメロディで、その後ろでベースが丁寧に支える。
すごくきれいで、せつなくて、ジーンと来て、
とってもいい気持ちで聴いてました。

ちょぉっと途中ハプニングありましたが…∑(゚∇゚|||)


鳥越さんのベースソロで普段聴いてる曲は、
いつもと違うアレンジで聴くことになるので
ベースだけのシンプルな曲が、バイオリンが加わって
また違うイメージに仕上がって聴けるのがすごく良かったです。

そうそう、VioraBassの決めポーズみたいなのを考えたみたいで、
大阪のライブの時もやってたんですが、
壷井さんがピースをするかんじで「V」の字を指で作って
鳥越さんが「B」を手で作って横に添えて「VB(VioraBass)」
というのをやってました。
「B」は片手3本指で(ピースの形+薬指)、それを横にして
もう片方で「B」の縦線を作るかんじ?…だったと思います。
うん、なかなかいいじゃないですか、ソレ。

名前も決まって、ポーズも決まって、
あとはアルバム作成ですね!
よろしくお願いしますよ~!

| | コメント (0)
|

2012年8月18日 (土)

本間さんおススメのカフェに行って来ました~('-^*)/

SAXの本間将人さんが大阪でよく行くという

翠(sui)cafe

私もライブで大阪のわりとそこに近いとこに行ったので
せっかくなら本間さんおススメのカフェに行ってみようと思い
ランチしに行って来ました~♪

本日はコレ。

Iphone_080b


なんか体にやさしいごはんって感じで、
ホッとするし、おいしいし、店員さんも感じいいし、
とってもイイお店でした♪

また、あの辺行った時にはぜひ行きたいね~

| | コメント (0)
|

2012年8月 6日 (月)

和泉宏隆トリオThe Water Colors レコ発ライブ

ピアニスト和泉宏隆さん中心のトリオの
CD発売記念ツアーがありました。
アルバムのタイトルは「しなやかな風」。

休みの都合もついたので、2箇所行ってきました。
和泉さんは以前にもPYRAMIDのライブで拝見したことがあります。
印象は、「意外に繊細なのね…!」
そう、なんとなく見た感じのイメージで、
どーんと構えてダイナミックな演奏のイメージだったんですが、
演奏はとっても繊細で綺麗なメロディが多い。
愁いを含んだ、どこかせつない曲とか多かったです。
ピアニストの書く曲ってメロディが綺麗ですよね、比較的。

今回最初に行ったライブでは、CDを買う前だったので
曲を知らずにライブを聴くという状態でした。
まあ最近では、ライブに行って、
気に入って家でも聴きそうと思ったら、
CDを買ってくるというパターンが多いです。

このトリオ、The Water Colorsは
和泉宏隆(p)
石川雅春(dr)
鳥越啓介(b)

結構鳥越さんのソロもあり、ベースが主旋律をとる部分がある曲もあるし、
アルコでの演奏曲もあったりで、鳥越ファンとしてはうれしい限り♪
私はとくに石川さんに捧げた曲という
「A Stone In The River」がすごく気に入りました。

このトリオの中で演奏する鳥越さんがすごく良かったです。
鳥越さん自身、すごくのってる様子で、すごく入り込んでて
なんだかすごくいい感じの波に飲み込まれてる感覚でした。
今となっては、当たり前のように鳥越ファンでいる私ですが、
もし私が今までファンじゃなかったとしても、このトリオでの鳥越さんを見たら
絶対またファンになるなって思いました。
もう1回聴きたい!って強く思いました。
実際もう1回ライブに行く予定があってホントに良かったって思いました。
今回、この曲のこの部分が好きっていう所を、もう一度体験できるなんて!

もちろんアルバムもお買い上げで、ちゃーんと3人のサインをもらってきました。
ただし、石川さんは、サインもらうのにすごく緊張しました。
和泉さんは、CD購入した人が皆さん並んで順番にサインもらってるし、
和泉さん自体、穏やかでにこやかなんですが、
石川さんはお店の一角でくつろいでお酒か何か飲んでて、
サインたのんでも余計な愛想はふりまかないし、
お願いしてよかったんだろうかと
ちょっとビクビクしながらいただいて来ました。

でも、今回ドラムがなんだか妙に気に入って、
ナニってよく分からないんだけど、
なんかいいなーってすごく思ってしまったので
絶対石川さんにもサインいただきたいな、と。
で、勇気出してお願いして来たんです。
何も会話できず、サインだけもらって、そそくさと戻ってきてしまいましたが…。
(ところがそんな石川さん、後に行くライブで意外におしゃべりなことが判明します♪)

鳥越さんは、これまで何度もサインもらってるので、
そういう緊張はありません。
地元のお客さんと順番に色々話をされてたので
しょっちゅうライブに来てる私が遮ってもいけないと、
皆さんと話が終わるのを一人待っていました。
鳥越ファンが増えていくチャンスを邪魔してはいけないですからね。

ただまあ、最後の方は、そのお店の常連さんっぽいお客さんと
結構長く話が続いてしまっていて、
そのお店は、ライブが終わると、お客さんはわりと
さっさと帰っていく感じのお店だったので、
もう残ってるのはほとんど私くらいで、ちょっと居づらかったです。
一人で行った私は(基本いつも一人)話相手もいないし、
あんまり長く居ても手持ち無沙汰で、
数日後にまたこのライブに行く予定もあったので、
まあ、サインは次回にして帰ろうかどうしようか…と思っていたら
一旦話を切り上げて、そのお客さんとはまた後で、という風になり
鳥越さんがこちらに来てくれたので、無事サインもいただき、
少し話をして店を後にしました。

んー、このトリオ、いいなぁ。
3人ともいいものね~。
また聴きたい。
…聴きに行くけど。

| | コメント (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »