« まささんのドリブログに対抗して… | トップページ | 「NAVERまとめ」に私のブログ記事が…! »

2013年1月30日 (水)

鳥越啓介ベース・ソロ・ライブ@西荻窪 Sajilo Clove

鳥越さんのベース・ソロ・ライブ、もう何回目でしょう?
自分が行っただけでも、すでに5回目にはなっています。
最初は「ベースソロ!? なんてマニアックな!」と思ったんですが、
慣れるとけっこう普通に感じますねぇ(笑)。

他の音がなく、大好きなベースに集中できるってのは、いいもんです♪
当たり前だけど、ずっと鳥越さんの出番なわけで。

サポートのお仕事だと、ベースがあんまり目立たなかったり、
ベースアレンジがちょっと物足りないかんじだったりすることもあるし。
それでも、地元近くに鳥越さんが来るというと
仕事の都合がつく限りは出かけて行きますが。

そのおかげで、今まで知らなかった色んな音楽やミュージシャンに出会えて、
新たに興味を持ったことも!
そして、鳥越さん抜きでもその人のライブに行ってみようかな、という気持ちになったり。
ただし、地元限定ですけど。

だいたい、鳥越さんを知ったのだって、
別のミュージシャンのライブに行って、そこでサポート演奏してる鳥越さんを
初めて知って、そこから今に至るわけですからね。
縁って不思議、運命って不思議!


さて、本題に戻りまして、今回のベース・ソロ・ライブは
西荻窪のカレー屋さん、Sajilo Clove にて。

今回はいわゆるライブハウスじゃなかったから
新規のお客さんも多かったみたい。
MCで鳥越さんが「初めてという人?」と聞いたら
半分くらい初めての人でした。

でも逆に、思ったより初めてじゃない人も多かったんだなぁと思った。
…というのは、私が顔を見たことあるお客さんは3人くらいしかいなかったから。
ざっと見た様子では。
私も地元じゃないし、そうそう知ってる人いないんだけど、
でもいつもよくいる人は、時々どこかで見かけるからね。

それでも開演前とか、休憩中に鳥越さんと話してる人も結構いたから
まあ、たくさんじゃなくても年に数回とか(?)来てる人なのかなぁって。

私は今回もまあまあ早めに着いたので、
いい感じの位置の席に座れました♪

そして、カレー屋さんですから、カレーを注文♪
野菜、チキン、マトンの中から私はチキンのカレーを選びました。
気持ち的には、野菜を選びたかったけど、そこはやはり
鳥越さんなので、鳥=チキンということで。
(そういうどうでもいいことに私はわりとこだわる。
縁起担ぎみたいなもんかしら。)

ナンがでかくて、食べきれるか!?と思ったけど、
わりと油っぽくない、甘くて優しい味のナンだったので、
全部食べれちゃいました。美味しかったー!

私が店に到着した時は、鳥越さん本人はいなかったけど、
カレーを注文したり、スマホ見たりしてるうちに
気づいたらいつのまにか鳥越さんが近くにいました。
が、足音とか気配とか全然感じなかった…
ファンなのに、オーラを感じ取れてないあたしって、ダメじゃん。

でも、どうやら譜面か何か、書いてるか読んでるかしてたみたいで、
「ああ、もしかしたら、今日初めて演奏するっていう曲を見直してるか、
今作ってる次のソロアルバムに入れる新曲のことでも考えてるか…」
なんとなく、お仕事モードな空気を感じたので
今、話しかけない方がいいかな~と思って、そっとしておきました。
楽屋とかないから、集中したくてもできないもんね。


ライブは早速新曲(今回初演!)を演奏!
最初の曲は「あ、鳥越さんっぽいメロディー~」というかんじ。
後半(2ndステージ)の方で演奏した新曲は、ちょっと斬新でした。
結構激しい曲で、にぎやかで、疾走感あふれるかんじ。
イメージとしてはF1番組のバックにでも流れてきそうな感想を持ちました。
どちらもタイトル未定だそうで、募集中とのこと。

それから予想外に
バッハの無伴奏チェロ組曲・第1番プレリュードを弾いてくれました。
これは、私が大好きな曲ですが、この日はなんとなく聴けない気がしてたので
すごくうれしかった!
たぶんコレが一番私は集中して一音一音聴いてただろうなぁ。

今回聴いてて思ったのは、いつの間にか私の中で、
この曲のスタンダードが鳥越さんバージョンになってるということ!
以前は、自分が前々から聴いてたチェロの演奏が基本になってて
その曲を鳥越さんが弾いているバージョン、という感じだった。
それがいつのまにか、鳥越さんが弾いてるこの曲が
私の中の原曲みたいになってた。
今回演奏を聴いて、心の中で描いてなぞってる元の曲が
鳥越さんバージョンになってた。
初めて気づいた。

つまり、もうそれだけ何回も聴いてきたってことだ。
逆にチェリストが弾いてたのがどんなだったか忘れてる…。
この曲はいろんなチェリストで聴いたけど、
あれー?今イメージして心の中で歌うと、完全に鳥越さんバージョンになっちゃうわ。
なんかすごいね。自分でそれに感動した。
ま、私にとっては鳥越さんバージョンのこの曲は、
特別な思い出の曲だからね☆

それから今回ぜひ聴きたかった曲「追悼(Mourning)」。

やってくれて良かった。
最近これ、ヘビロテだったの。テーマソングにしてた。
実は、年末に家族が亡くなったもので…

それから、もひとつ印象に残ったのは「エンドロール」。
これは昨年6月のソロライブでも演ってくれたので
私が聴くのは2回目かな。
この曲、すごくいいと思う。メロディがせつなくて綺麗で。
鳥越さんのせつない系メロディ好き~

いろんな、そういうせつない系メロディを聴いてると
鳥越さんて、内面は実はそういう人なのかなぁって…。
なんか、普通に見てると、気さくで、明るくて、ちょっと天然な感じもあって…
というイメージなんだけど、
ああいう曲たちを聴くと
実は結構、繊細な心の持ち主だったりするのかな?
意外にロマンチストだったりするのかな?
…なんて思ってしまう。

うーん、でも、激しい曲もあるしなぁ。
それはちゃんと鳥越さんのイメージにあるんだよね。

そして、ぜひ聴きたかったけど、残念ながら今回はやらなかった
「幸せへの道(幸道?)」
この曲もね、メロディがすごくいいんだよね~、サビ(?)の部分。
鳥越さんはベーシストなのに、
意外と歌えそうなかんじのメロディが結構ある。
私、聴いてて思わず歌詞がつけられそうな曲がいくつかあって
(一部分だけだけど)
「At Dusk」もそうだけど、「幸せへの道(幸道?)」は初めて聴いた時、
サビ(?)の部分の歌詞がさらっと出てきた。

ふふふ(^-^)いつか全部歌詞つけてみたいな~♪


今回はライブ後にもちょっとうれしことがあったり♪、
今月唯一のライブであり、今年初のライブ、つまり「ライブ初め」☆
鳥越さんのライブ行っとかないと、2月~4月の繁忙期を乗り切れない!
私には必要不可欠だ。

だから、来月も行かせてください。
アレと、アレと、アレのライブ。
最低3つは行きたい。
特に一番はアレ。
どうか…たのんます(>_<)





|
|

« まささんのドリブログに対抗して… | トップページ | 「NAVERまとめ」に私のブログ記事が…! »

♪♪鳥越啓介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まささんのドリブログに対抗して… | トップページ | 「NAVERまとめ」に私のブログ記事が…! »